2017年9月23日

SEIKOの80年代のデジタル、 A714-5080 を購入しました。

久しぶりにセイコーの80年代のデジタル時計(A714-5080)を購入しました。ベルトも無く、動くかどうかも分からないジャンク扱い品(の割りには高値でした)の購入でしたが、電池を入れたら無事動いてくれました。液晶もくっきりで照明ライトも点灯し、各機能も特に問題ないようです。良かった。。


Instagramにアップした画像です。右奥のモデルはこれの兄貴分となる(デザインモチーフのベースとしたと思われる)、1975年発売の世界初の1/10デジタルクロノグラフを内蔵したセイコーのデジタル時計(0634-5001)です。カクカクした液晶窓のデザインが似ていますね。


で、ベルトが無かったので手持ちの中から物色。下の画像奥の80年代の計算機付きモデルのベルトが非常に似合ったので、とりあえずこれのベルトを使用することにしました。


これのオリジナルのベルトは3連のものなのですが、それよりもシンプルでいい感じになりました。この直線的なロボ感、よいですねー。


腕に巻いた状態。うーん、カッコイイ。


で、液画面左下に人がいるのですが、これはストップウォッチ使用中にスタスタと走るアニメーションをしてくれます。またその上のスペースにはアラームのアイコンが出るのですが、それもアラームが鳴っている時にアニメーションしてくれます。


アイコンがアニメーションしている様子はInstagramに動画をアップしましたので、こちらをご覧下さい。かなり大股で走る感じですね。

U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -


で、こちらは時刻修正モードにして右の上下ボタン同時押しで出すことができる、液晶フル表示モードの状態です。結構盛りだくさんの表示なのが分かります。人のアニメのパターンも良くわかります。


以下、兄貴分の0634-5001とのツーショット。A714-5080は1983年発売ですので、0634-5001の8年後の発売ですね。弟分ではありますが、ストップウォッチの1/100秒化、アラームの追加、防水機能も追加され、かなりのスペックアップです。


裏蓋はスクリューバックとなりバッテリーはCR2016です。


こうして見ると側面のボタン上部の光沢面の面取り具合も似ていますね。


ついでに、昨日WatchOS4化したApple Watchとのツーショット。ステンの塊とセラミックの塊、白黒液晶とカラー有機EL、カクカクで直線的なデザインとなめらかで丸々としたデザイン・・・どこをとっても非常に対照的なデザインですが、どちらもそれぞれにカッコ良く、どちらも好き(=腕時計が際限なく増えていく)なのが困りますw


・・・以上、久しぶりに買った国産アンティークデジタルのご紹介でした。

2017年9月17日

Apple Watch Series3発表

先日のAppleの発表でApple Watchの新型、Series3が9月22日に発売されることが発表されました。最大の変更点はApple Watch単体でもしもしができるようになったことでしょうか。外観上はほぼそのままで、変更点はリューズ、というかデジタルクラウンのセンターが赤くなったことと、セラミックモデルにグレイ色が追加になったこと位でしょうか。このあたりはApple偉いですね。このままApple Watchのデザインはずーっと変更せずに、Rolexで言うところのデイトジャストの様に、定番のデザインでずーっと作り続けて欲しいものです。(それができる普遍的なデザインであるとも思いますし、半分の厚さにする位ならバッテリーの持ちを倍にしろとも思いますし。)
またメディアではあまり取り上げられてませんが、白セラミックモデルの同梱バンドは薄いグレー色から白+裏面グレーの2色成型のバンドに変更になり、白い座布団の様な充電ドックの同梱が無くなった様です。(これは追ってiPhone Xと一緒に充電出来る無線充電パッドが出るからでしょうね。) 2017.9.26. 追記:白い座布団の様な充電ドックは同梱されていました。すみません。Appleのサイトで同梱物の画像として掲載されていませんでしたが、テキストで記載されていました。)

と言うことで、とりあえず私のセラミックモデルのデジタルクラウンも赤くしておきました^ ^


赤い5mm径のシールを貼っただけですが、白ケースに赤いワンポイントは似合いますね。事務用の赤い丸いシールで十分ですが、こんなのを以前から販売しているところもありますので、こちらの方がシールとしてのクオリティーは良いでしょうね。


ついでに以前に作ったwatchfaceにも赤い差し色をしておきました。


発表時のハンズオンでオープンになっていた様なので、9/20から配信されるwatchOS4のスクショもついでにアップ。トイ・ストーリーの文字盤はウッディーやバズだけでなく、時々リトルグリーンメンが下からビヨーンビヨーン出てきたりブルズアイが出てきたり、意外とバリエーション多いです。


しかし、肝心のSeries3の通話機能は大手3キャリアしか対応しておらず、格安SIM系では現状(2017.9.17.)どこも対応していません。私は今持っているSeries2のセラミックモデルを使い続けるつもりなので問題はないのですが、Apple Watchで通話したい人にとってはツライですね。
以上、ほとんどInstagramにアップしたネタですが、、、新Apple Watchについてのアップでした。(ちなみに私はiPhone 8、Xは買いません。買うとすると今回からSIMフリー版を買うつもりだったのですが、昨年買ったiPhone 7 Plusの機種代の残り(これまでずっと2年ごとの機種変だったのに、昨年7Plus買った後に今年機種変となると残り1年分の機種代が残ってる)+iPhone Xの代金トータルで20万円超えはさすがに辛いです。また、どうもXの画面の上部の異形さの発展途上感が好きになれないので。。取り急ぎiPhone 7 PlusのSIMロック解除はする予定ですが。)

2017.9.21. 追記・・・深夜のSeries3の発表の動画を見ながら即発注したWatchDotsの赤いシールが届きました。


たかだか赤いシール3セットで$9.99は高いとは思いますが、専用なだけあってジャストなサイズです。私は既に赤いシールは貼り済みなので、それが剥がれたら貼ってみようかと思います。
また、WatchOS4もリリースされましたが、自作watchface的にはバグ修正が盛り込まれた様で、そもそもSwift上では英語表記指定をしていた日にち表示がWatchOS3のApple Watch上では日本語表記になってしまう点が修正されている様です。そのあたりを含め修正をかけようとしたら今度はX CodeをアップデートしないとiOS11対応しておらず、そのインストールがまた5.39GBもあり、iOSのインストール以上に時間がかかり面倒です。・・・以上、赤いシール届いたことの追記でした。

2017.9.26. 追記・・・白い座布団の様な充電ドックは同梱されていないと記載しましたが、同梱されていました。誤記事すみません。下の画像の様に、同梱物の「画像」として掲載されていませんでしたが、テキストで記載されていました。


しかし、なんでこんな大きな同梱物が画像として掲載されていないんでしょう??この記事を最初書いていた時も結構確認をしたつもりでしたので、現状の様ににテキストででも記載されていれば、気がついたと思うのですが、、、もしかしてAppleさん、同梱物として画像掲載し忘れ、取り急ぎテキスト情報だけ修正しましたかね??(違ってたらすみません。)

2017年9月7日

スペースシャトルの耐熱タイルを使用したクロノ、ご紹介頂きました!

当ブログ絶賛推薦中のスペースシャトルの耐熱タイルを使用したクロノグラフ「SPACE MOVE」ですが(紹介記事はこちら)、Sさんのブログにて紹介して頂きました。下記リンクよりどうぞ。

『いつかデイトナ欲しいよね』/ SEIKO NASA SPINOFF / SPACE MOVE CHRONOGRAPH (クォーツクロノ)

SPACE MOVEのディティールの画像と解説と共に旅行先での実使用時の画像もアップされています。以下、1枚だけ画像拝借して掲載。(当ブログではありえなさそうなプールサイドでの時計画像^ ^)詳細は是非リンク先をご覧ください。SPACE MOVE以外にもSYNCHRONARやHP-01等も所有されておりカッコイイ時計を多々アップされています。


以上、簡単ですが、SさんによるSPACE MOVEレビューのご紹介でした。・・・何度でも言いますが、このクオリティー、カッコ良さで2万円ってのはやはりSPACE MOVEは極めてお買い得な時計だと思います!

2017年8月28日

HAMILTON-RICOHのビリビリした時計

1962年にアメリカのハミルトン社と日本のリコーと三井物産の3社で設立された会社がハミルトン・リコーです。(会社自体は数年で消滅)そのハミルトン・リコーの電磁テンプ式(音叉、クオーツ式が出る以前の、数年という短命で終わった電磁石でテンプを動かす、機械式だけど電池を使う方式)の時計が今回ご紹介する時計です。
秒針のイナズマ型に加え、5分おきのインデックスバーもイナズマ型でビリビリしていてエレキな感じがすごく良いです。6時位置のElectricの文字もエレキな感じです。ハミルトン・リコーの電磁テンプ時計は大抵秒針がイナズマ型をしているのですが、インデックスバーまでイナズマ型をしているのは比較的珍しいモデルだと思います。
まだクオーツ時計が発明される前の、あくまで精度は機械式でありながら、その動力にゼンマイでなく電気を使う時計としてのエレクトリックな表現を文字盤全面で表現していて、文字通りすごくシビレます。


丸々とした裏蓋です。ここにもElectricの刻印があります。初期の製品には三井物産の刻印もあるものもある様です。ベルトは取り急ぎ昔Pebbleにつけていた18mmのシリコンベルトを付けていますが、なんとベルト幅は19mmでした。追って似合う革ベルトを付けたいと思いますが、19mmのベルト幅の時計は私は初めてです。


ムーブメントです。機械式ながら左上に電池があります。大きめの電磁式テンプがブンブン動いてます。HAMILTON 505の刻印があり、世界初の電磁テンプ時計のハミルトンのベンチュラのCal.500の進化版のムーブがこの505になります。裏スケにしたいですねー。


以上、1960年代のエレキな腕時計のご紹介でした。腕時計に限らず、当時の最先端を体現しようとしているプロダクトは何かと惹かれるものが多いですね。

2017年8月27日

ミッキーのメカデジとそれ風なwatchface

ミッキーのメカデジを入手しました。これまでずーっと探してきて、なかなか程度の良い物が出てこなかったのですが、今回は箱、ギャランティー付きのほぼ新品状態のものを入手することができましたのでアップします。

1970年代のBRADLEY社の時計で機械は手巻き式です。カラバリはこのシルバー以外にゴールドケースのものがあり、ケースデザインはプラスチック製の丸型のものもありました。(ちなみに1996年にアルバから復刻版のミッキー手巻きメカデジが出てます。デザイン的にイマイチ惹かれないモデルでしたが。。)


反対側面から。これまでアナログ時計で自ら時刻を指差してきたミッキーがデジタル時計化されて役目を終え、「あとはお任せしましたので、どうぞ数字をご覧ください。」と言わんばかりに横に控え目に横に立ってます。


ケースは茶色いプラスチック製です。


開けた状態。蓋の裏のミッキーがかわいいですが、この時計専用のケースという訳ではなさそうです。


時計部拡大。いやー、ほんと程度が良いです^ ^


背面もピカピカです。


Comic Character TIMEPIECESという洋書によると1976年製の様です。



ということで、やはりこういったwatchfaceを作りたくなります。ミッキーメカデジ風Apple Watch用watchfaceです。


並べた状態。分表示はオリジナルは5分おきの表示ですが(回転する小さい円盤に全ての分の数字を印刷することは物理的に不可能なので)、watchface版は毎分ちゃんと数字で表示出来るのがメリットでしょうか。オリジナルに忠実な円盤の画像を作成し、それを回転させて時刻表示をする、よりオリジナルに近いwatchfaceの作成も可能ですが、円盤の画像を作るのが一手間ですし、現状の方が時刻も分かりやすいので、このままな状態です。またApple Watch版ミッキーメカデジのミッキーは「首振り」にしています。(動いている様子は下方のInstagramの動画でご覧頂けます。)


文字盤タップで下の方にこの様に日時、秒(赤文字)も表示する様にしてます。


が、どうせなら、ということで、2連のメカデジにして、上に時、分、秒、下に日時を表示するものも作りました。秒を数字で表示するメカデジは世界初かも(メカではありませんがw)


以下、Instagramにアップした画像より。どちらも2枚目が動画ですのでミッキーの首振り具合がお分かり頂けると思います。アンティークミッキー時計でこの様に首をチコチコ振るアナログ時計がありますので(当ブログではこちらでご紹介してます。)、それ風に動く様にしました。

U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -



U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -

以上、ミッキーメカデジな時計のご紹介でした。

2017年8月20日

かなりカッコイイMICKEY時計

東京ディズニーリゾートオフィシャルなミッキー時計です。ミッキー時計はどうも可愛らしいものばかりなんですが、これは黒を基調としたと男子向けなデザインをしています。ケース径は42mm程で(ベルト幅は22m)結構大振りです。


正面から。クロノ機能はありませんがタキメーターがあり男の子向けっぽさをアピール。発売は数年前なんですが、最近入手しました。


裏蓋はスクリューバックでTOKYO Disney RESORTの刻印。シリアルナンバー等は得にありません。


裏蓋を開けてみると案の定な感じです。小さいクォーツムーブメントが中央にちょこんとあり、リューズはちょっとぐらついてます。


斜視。黄色いリングの差し色が効いたカッコイイデザインかと思います。


以上、かなりまともなミッキー時計のご紹介でした。ミッキーの耳付きApple Watchケースを買ったり等、最近ミッキーづいてますが、昨日また違ったミッキー時計を入手しましたので、届き次第またアップします。

2017年8月15日

Instagramにアップした画像

Instagramにアップした画像をまたまとめてアップします。

lipのLED時計。ボタンに丸い玉が付いてないのが購入当時ダメだと思ってたんですが、クロノも電磁テンプのもみんな玉が白化してきちゃって、今となっては無くても良いですね。


ブローバとユンハンスのツノの生えたクロノ。


ユンハンスのまるまるとしたクロノグラフ 。横長の楕円形です。




Bulovaのツノは最初この青いベゼルが無いものを入手したのですが、これでも当時はかっこよさにしびれてました。ていうか、やっぱ青いベゼルない方がかっこいい気が。。


SEIKOの70年代のクロノ。時針分針秒針はオリジナルから普通っぽいものに変更しています。Instagramに同じ様な画像を多々アップしてますが、この時計は初アップです。


SICURAのLED 。ベルトがボッロボロなので写らない様にしたらこんなドアップに。昔、御徒町の高架下の時計屋で買いました。


シチズンの時計達。手前から電磁テンプ、音叉、クオーツ電子帰零装置付き。


シチズン の70年代の時計。12時位置に小さいLEDがあって、1分に1回と8時位置のボタンを押して「電子帰零装置」作動させた時に点滅します。


セイコー の時計達。左からKING QUARTZ 、GRAND QUARTZ のTWIN QUARTZ、QUARTZ SUPERIOR 。…ただのおっさん時計ですね。 


SEIKO QUARTZ SUPERIOR拡大。1分ごとの指標も植字で1時間ごとの黒いインデックスバーはブラックオニキス製。


シチズンの白いクロノグラフとSPACE MOVE。


セイコー のスピードタイマー系でないクロノグラフ 。右は30分計と12時間計が重なったいわゆる同軸クロノ。


たまにはシチズンのクロノグラフ を。


一番70年代っぽい5SPORTS Speed Timer。


旅行先のTicTacでまだlip のクロノが売ってた、と言うか、全くもって解説になってない解説に驚いた( ̄∇ ̄)


SONYのMD WALKMAN の腕リモ。MDの再生、曲送り、音量調整等はもちろん、ストップウオッチ、アラーム、ELのバックライトがあったりと結構多機能。


ハハッ みんな一緒に喋るととてもうるさいよ!


CD, LP レコード、ポスター。家のポスター入れ替えようとしたら出てきたので昔撮ったような記念撮影をまたしてみました。


アニエスベーのデジタルウォッチ。


最近のフチ子さんはなんでもありですね。



チンアナゴふりかけを買いました。


自発光有機ELで下地黒のwatchfaceの場合、この位暗くしないとちゃんとした色が写らないですね。


以上、Instagramにアップした画像でした。