2012年2月21日

SEIKO CHRONOGRAPH(7A38-706A)

セイコーの80年代のクォーツクロノグラフです。この7A38系とデイデイト表示の無い7A28系はそのデザインにかなりのバリエーションがあるのですが、これはその中でもかなりまともなモデルかと思われます。3年位前にヤフオクで入手し、昔のブログにもアップしていましたが、最近ナイロンベルトに交換してみたのでアップします。


軍っぽいのとか、ミリタリー系は守備範囲外なんですが、黒いクロノグラフにはやはりこんな黒いナイロンベルトが似合いますね。意外と腕にもしっくりなじみます。


文字板自体は実は黒でなく、スピン目のある濃紺色のメタリック調なんですが、これがマットな黒になり、時針、分針が軸の近くで細くならずにストレートになり、Chronographという当たり前の筆記体の表記をやめ、SEIKOのロゴが印刷でなくアップライトのインデックスになれば(注文多すぎ)、クロノグラフとしてはほぼパーフェクトなデザインになるかと思います。(その「もうちょい感」が国産アンティークの味でもあるのですが)
…ということで、少なくともこの時計は私の持つ時計の中では数少ない「クォーツで普通に時刻表示をする」貴重な存在の時計です。

2014.06.29. 追記 : こちらに上記「もうちょい感」を7A38-7270との合体で補完したものをアップしました。

2012年2月17日

アヴェンタドールのプラモ完成

エンジンフードのガラスの自作断念=完成したので、画像アップします。肉厚感は否めませんが、まぁ、全体的にいい感じに仕上がりました。


ドアを開けた状態にして缶コーヒーのオマケのアヴェンタドールとのツーショット。あ、ドアを開けた下面部を黒くするのとAVENTADORのロゴのデカールを張り忘れてますね。


とりあえずヘッドライトもこのまま。スキマは黒いテープでごまかしました。


2012年2月7日

アヴェンタドールのプラモの制作その8

いい感じに写真が撮れたのでアップしておきます。一眼でさんざん撮ったのよりもiPhoneで撮った方が良い感じになるのはどういうことでしょね?


エンジンフードの透明窓は相変わらず製作中なのでありません。


透明窓、端面仕上げているのですが、なかなかキレイになりません。。。

アヴェンタドールのプラモ完成に続きます。

2012年2月5日

アヴェンタドールのプラモの制作その7

今日の作業で9割がた出来ました。1月17日に来たので、約3週間弱でここまで来ました。私的には凄く早かったと思います。まずはIGにアップした画像。



アヴェンタドールのプラモの制作その6

 透明パーツはおいといて、ヘッドライトの画像を修正して入れました。ドアも組んだのですが、上から見える透明窓の厚みがやっぱ気になります。


テールライトもちょい修正して入れました。ここもヘッドライトもフォト光沢紙でのプリントです。


で、ドアの透明窓の厚みの見えを隠すために、下数mmを黒くマスキングしようと思い、最初はサーキットテープを貼ろうと思ったのですが、どうも質感とツヤがイマイチだったので、また、何かないかなぁと探したら、ちょうどSYD MEADシールがいい具合のツヤだったので、その端をカットして貼付けました。下端以外の端面は黒マジックでぬりぬり。


バックミラーも付け、大分仕上がってきました。後はこまい修正とエンジンフードの透明パーツ、ヘッドライト、ウインカー、デカールです。


2012年2月3日

AVENTADORのプラモの製作 その5

その後の進捗です。サイドエアインテーク内に更にある、小さい黒いエアインテークのパーツが思いのほか出来がイマイチだったので(凹んでる)、さすがにパテの修正をせざるを得ませんでした。しかし、家にはプラモ用のパテなど無いので、何か代替えになるものは、、、と探して見つけたのが、床の補修用のパテでした。使用箇所もほんのちょっとなので、まぁ、大丈夫だろうとパテをつまようじでぬりぬりしました。



次は黒く塗り忘れてたサイドエアインテーク内を軽くマスキングして黒くぬりぬり


で、ヘッドライトとテールランプは画像をフォトショで調整して入れることにしました。透明パーツをスキャンし、画像をそれの大きさを合わせ、プリントアウト。


で、入れた状態。ヘッドライトのY字のポジションライトがちと太い気もしますが、まぁ、いい感じです。もうちょっと調整して、最後に取り付けようかと思います。それにしても、ヘッドライトの透明カバーが小さく(穴が大きい?)ブカブカです。どう処理しましょう。。。


大分仕上がってきました。次はパテを盛ったところの削りとドアの製作にかかろうかと思います。


B&Oの腕リモ:Beowatch

プラモのアップばかりが続いたので、久しぶりに腕時計をアップします。これはBang & Olufsenのリモコンを内蔵した腕時計です。昔の自分のサイトによると発売は1993~1996年の3年間だけだった様ですが、どこから得た情報かはすっかり忘れたので確実ではありません。文字板はこの鏡面のものとマットな白いものと2つ確認されています。シンプルなアナログ時計の上にリモコン操作部と紫色に輝く送信部のある、B&Oしいクールさを持った、非常に縦に長いデザインの時計です。デザインは言わずもがな、Jacob Jensenです。





リモコンとしての機能はVを押すとテレビがオンで、最後に見たチャンネルが表示され、(長押しではプリセットされた最初のチャンネルが表示)、続いてVを押しながらAを押していくとチャンネルが変ります。同様に、最初にAを押すとラジオがオンで、Aを押しながらVを押すと放送局の移動です。下の丸表示ボタンは電源オフです。昔、時計雑誌の私のコラムで取り上げた時に様々なB&O機器で試してみたのですが、 Beosound1(当時の最新機種)までちゃんとリモコンとして使用出来ました。


背面にはリモコン用と時計用と2つの電池蓋があります。刻印には

ALL SWISS MADE
SAPPHIRE
STAINLESS STEEL
WATERRESISTANT 30 METERS
QUARTZ

とありますので、送信部の紫色に輝くガラスはサファイアの様です。



で、この時計、ベルトの長さの調節が金属(おそらくステンの薄い板)とウレタン系(?)な柔らかいプラスチックを一体成型されたベルトを「切る」以外に手段が無く、どうやって切ったら良いものかと考えつつ、、、入手以来ずっとそのまま(ブカブカ状態)でした。で、今回久しぶりにこの時計を無性にはめたくなり、「会社にくれば何かしら工具があるのでカット出来るだろう」と会社に持ってきてました。で、試しにまず、普通のハサミでも金属部は薄いので実はいけたりして、と思い、切ってみたら・・・あっさり切れましたw


ということでめでたく腕にはめた状態。カッコイイ。



最近B&OiPhone対応のスピーカーを出したりしてますが、どうもMUJIっぽくてダメですね。是非、B&Oにはこの腕時計の似合う、「置く場所は俺様が選ぶ」的な顔をした、孤高のとんがり具合のあるデザインの製品を出続けて欲しいものです。