2012年6月28日

UCC缶コーヒーのレヴェントン

UCC缶コーヒーのレヴェントンもとりあえず入手してみたのですが、これが意外と良い出来でした。これでアヴェンタドールだったら良かったのにー。10個は入手してたでしょうね。ウラッコ出す手間あったらアヴェだろー (ライセンス的な問題ですかねぇ。。。)




どうも画像が粗くてすみません。同じ1/72スケールなのですが、こう見るとカウンタックって小さいですね。レヴェントンはやはりアヴェンタドールと比べると造形が大雑把です。

UCC缶コーヒーのカウンタック

UCC缶コーヒーのダイキャスト製カウンタック、とりあえず画像だけ貼っておきます。黄色いのは前に出たサントリーの缶コーヒーのカウンタックです。ひと回り程大きさが違いうのはコーヒーの単価の違いからですかね?





出来はまぁ、それなりに良いのですが、でかくてディティールの甘いダイキャスト製よりも、ピシッとエッジの立ったディティールの再現性の高い樹脂製の方がひかれますね。(画像、どれもピントが甘くすみません)

2012年6月26日

缶コーヒーのカタナ

UCCの缶コーヒーのヨシムラシリーズ、バイクには興味ないのですが、このカタナだけは入手してみました。
 左右のパーツ割りが丸見えなヘッドライトが残念な状態ですが、結構良い出来です。




そもそも、今日から始まるはずの、同UCCのダイキャスト製のランボシリーズが目当てでコンビニ行ったのですが、、、まだ置いてませんでした。 ハンス・ムートさんは今どうされていらっしゃるのでしょう。。。

2012年6月24日

Retina MacBook Pro、カッコイイなー

 旧MBPが逝ってしまわれたりと、なかなか落ち着いて新MBPをじっくりいじれなかったのですが、やっと落ち着いていろいろやってます。とりあえず、やっぱこの外観が素晴らしいですね。どうも1つ前のMBPのもっさりした外観が好きになれなかったのですが、その気に入らない部分が全て心地よくリデザインされています。


切削以外の手段ではこのディティールは無理ですね。美しいー。


キーボードも初めてUSバージョンにしたのですが、これもJISキーボードよりも整っていて美しいですね。enterキーが小さいのでJIS版になれているとenterの上の\(バックスラッシュ)を押してしまいますが、まぁ、これは慣れれば大丈夫でしょう。


視野の中に余計なディティールが入ることを極力排除する為に、液晶の下にあったMacBook Proの表記さえも裏面に移動してしまったのもすごいです。使用状態でメーカー名も機種名も無い、強いて言えば液晶左上の小さいリンゴマークだけなんて、他のメーカーではまず出来ないでしょうね。

久しぶりのジブリ美術館と子の工作

先日、久しぶりにジブリ美術館に行ってきました。相変わらずなブラッドベリービル(ブレードランナーのセバスチャンの家のロケ地)な構造の中、子供と堪能してきました。思いのほか、企画展の「挿絵が僕らにくれたもの展」が良かったです。(毎度、子供と一緒だとじっくり見れないのが残念でしたが。)で、雨降りだったので、屋上のロボも人が入らずに撮影出来ました。


お約束の風の谷ビール。ラベルがキレイですね。お土産用には販売していない様です。(必ず栓を開けて、その場で飲むのみの販売です)


娘がお土産に選んだのはテトでした。下はInstagramにアップした「噛まれた」の図。この後、うちの姫姉様はずっと肩に乗せて歩いてました。


で、今日の朝、娘が朝から一人で赤い筒状のものを工作をしており、「ナウシカが持ってた、茶色いものが入ってるもの作ったー」と持ってきました。んー?何だそれー???と思ったら、なんと、ナウシカの銃の弾でした。なんでまたそんなマニアックなものを工作するんでしょねw


で、その後、ビリボ(プラスチック製の半球形の遊具)を王蟲の目に見立てて、その周りに茶色い粉を蒔いてました。…女の子なのに妙にツボるところがマニアックです。


エアバッグ状態の浮き輪内蔵時計、フウォッチが欲しい

マイナビニュースさんからテキストと画像、お借りします。
防犯・防災機器等を扱うマルチックは21日、台湾・エバークイック社のフローティングウォッチ「Fwatch(フウォッチ)」の日本独占販売を7月上旬より開始すると発表した。
フウォッチは腕時計型の手動膨張式浮力補助具。通常は腕時計として使用できるが、万が一の際には簡単な操作で付属の炭酸ガスボトルからエアバッグへと一気にガスを流し込むことができ、浮力が得られる。筒状のエアバッグが完全に膨張するまでの時間はわずか3秒。浮力は11.5kgで、これは体重100kgの人が完全に水に浸された状態でもエアバッグで浮くことができる浮力に相当するという。重量は250g(炭酸ガスボトル含む)。価格は、炭酸ガスボトル2本付きで1万2,600円。」…スバラシィ。




詳細はこちら、multikさんのサイトでどうぞ。ちゃんと時計もついているのがエライです。ガスボトルをつけて是非普段使いしたいですね。ある意味、円筒の筒から光が伸びるライトセーバーよりも驚くかも。ていうか、サイトには

本品は救命具ではありませんので、沖合や岩場など危険な所での使用は避け、遊泳上(場の間違い?)やプールなど安全な所でご使用ください。」

とありますw バンド部分で既に見えてる浮き輪部分の収まり具合も気になるところですが…これはかなりひかれます。

2012年6月23日

LunaTikの防水iPhoneケース、TAKTIKがカッコイイ

私のiPod nanoケースを出しているLunaTikがKICK STARTERにiPhoneの防水ケースTAKTIKを出しているのですが、これが結構カッコイイです。こちら


iPhoneがひと回り大きくなりますが、これまで発売されたどの防水ケースよりもカッコイイですね。カラバリもかなりいい感じです。


現行のiPod nanoケースの時の様に、きっとすぐ量産化が決まることでしょう。iPhone5も想定してる様ですし。(ていうか量産化する頃はiPhone5が出てそうですね)
…これらの画像を見た中国から先に偽物が出ないことを祈ります。

渋谷ロフトのSYD MEAD WATCH

渋谷のアップルストアに行った帰りに1年ぶり位にロフト1階の時計売り場を覗いてきたのですが、うれしいことにまだSYD MEAD WATCHが飾ってありました。しかも前に見た時はブラックモデルのみだったのですが、なんとホワイトモデルも飾ってくれてました。いつから飾ってくれてたんでしょね?知りませんでした。


既にクローズしてしまったSYD MEAD JAPANオリジナルなだけに、ホワイトモデルは今となっては貴重です。生産本数も少ないですし。。。amazonでもまだ扱ってますので、宜しければ右側のamazonのリンクよりどうぞー。白い時計はこれからの季節向きですね。

旧MacBook Proが逝ってしまわれた。

Retina MacBook Proを買って帰宅し、早速データ移行をしようとこれまで使用していた旧MacBook ProをRetina MacBook Proの横で起動させようと、電源ボタンを押したのですが…なんと起動しません。自分の役目は終わったと自覚したのか、なんというタイミングで逝ってしまうのでしょう。。。P RAMクリアとか、バッテリー抜いて電源長押しとか、ターゲットディスクモードで起動とか、、、自分で考えられる手段はすべて試したのですが、全く液晶が点灯せず、(HDDは立ち上がってる様で、電源ランプも点いてます。)どうにもなりませんでした。ソニータイマーならぬ、Appleタイマーとかあるんですかね?同じWi-Fi環境下に新製品が入ると自爆する機能が入ってるとか。そうとしか思えない絶妙なタイミングで逝ってしまわれました。前日までは何も問題無く動いていたのに。。。せめてデータ移行後に逝ってくれたら良かったのですが。。。


と言うことで、昨日、アップルストアのジーニアスバーを予約していってきました。結果はおそらくメイン基板交換だろうとのことで、4万円ほどかかるそうです。更に基板交換前にデータ吸い出しも念のために行うとプラス約1万ということで、トータル5万円の出費となってしまいました。下はジーニアスバーで検証中の旧MBP。


万が一、HDDも逝ってしまっていたら、それも新品と交換(=データすべて初期化。だけど修理料金はそのまま)らしいのですが、データ自体は幸い少し前にDVDに焼いていたので、被害は少ないので、逆に5万で全てまっさらにレストアしてくれるんなら、それはそれで良いな、とも思いました。約1週間後に戻ってくるそうなので、結果はまたここでお伝えします。

2012年6月21日

Retina MBP 15inch買ったー

今日、銀座のアップルストアに電話したら在庫ちょっとだけあるとのことだったので、買ってきました。512GBでUSキーボードです。詳細はまた後ほど〜





2012年6月20日

LUNATIKのニセモノが出回っているので注意!

amazonでLUNATIKを検索したら、なんと破格の1,700円で出てるではありませんか!もともと高額な為あまり売れず、売れ残りの処分なのか???等とあまりの安さにいろいろ調べてみたら、なんと最近中国製のLUNATIKが出回っている様で、amazonに出てる破格LUNATIKは偽物の様ですね。(未確認ですが、この破格はきっとそうでしょう。下の赤い方のamazonのリンク先のカスタマーレビューにちょっと情報出てます。)
こちらのサイトでオリジナルと偽物の比較しています。出来はかなりばらつきがある様です・・・iWatchzよりも安いので人柱的に買ってみたい方は自己責任で下記リンクよりどうぞ。一応amazonへのアフィリエイトリンク張っておきます。

   

ちなみに私が買ったのはこちらのVINTAGE COMPUTERさんです。こちらは正真正銘本物です。当ブログ的にはオリジナルとの比較の為に買ってみようかとも一瞬思いましたが、留まりました。・・・以上、ニセLUNATIKの情報でした。

iPod nano時計の万歩計機能を試してみたら…

先日NIKEのFuel Bandを見せてもらって、そう言えばnanoにも万歩計機能があったなぁ、と昨日、一昨日で試してみました。家を出た時にスタートし、会社へ行きお仕事、家に帰って来て玄関前でストップを押したのですが、、、なんと2日で3歩しか違ってませんでしたw
2日とも27inch iMac2台並べてのほぼ同じ作業をずっとしてたとは言え、歩数的にも代わり映えの無い日々を送っているんだなぁ、と思った次第です。



ちなみに時計表示はこの青いドット表示のもののみ歩数もリアルタイムに表示してくれて良いです。左下の靴のマークが万歩計オンの表示、右下の数字が歩数です。歩きながら眺めていると左手は振ることもなくほぼ水平で動かさなくてもちゃんとカウントアップしていくのがエライです。歩きの上下振動を拾ってるんですかね?


…とりあえずnanoも本体のデザインそのままで(ここ重要)、Retinaディスプレイ化して欲しいですね。

2012年6月17日

NIKE + FUELBAND

O君が持っていたNIKEのFUELBANDです。日本はまだ未発売ですね。(機能、その他詳細はこちらのNAVERのまとめをご覧下さい)
下は時刻表示状態。内面からの発光のドットによる時刻表示がスタルクの時計やMUTE WATCHより良い感じです。



2012年6月16日

Retinaディスプレイ解像度比較

自分用に解像度比較してみました。一番外がRetina MacBook Proの2,880x1,800、黄緑がFull HD/ iMac21.5inchの1,920x1,080、その内側のグレーが現在私が使用しているMacBook Pro Early2008 15inch 1,440x900、一番内側の明るいグレーがMacBook Air 11inch 1,366x768です。


こう見ると現在私が使用しているMacBook Pro15inchとAir11inchはあまり変わらないですね。物理的な面積はかなり小さくなりますが。Retinaの広大さ、というか、この広大さを15inchに押し込める繊細さも魅力です。ほぼ現状の解像度をよしとして携帯性を優先して小さいAirにして、あまった金額でiMac 21インチも買っちゃうか、ほぼ現状の15インチの物理的な面積で解像度劇的アップのRetinaにするか、、、うーん。。。

2012.06.17. 追記:RetinaMBP、スケーリング解像度機能でもデフォルトのRetina最適が1,440x900で、最大でも1,920x1,200の様ですね。

2012年6月15日

iPod nano 腕時計ユーザーが増えてきた

以前に私の職場の方が買ったiWatchzを紹介しましたが(上の画像、奥)、ふと気が付くと更に2名増えていて、合計同じ部署内で4名のnano時計所有者となりました。1つの部内で4人って凄いですね。私以外はみなiWatchzです。nano腕時計化ではやっぱiWatchzが強いですね。LunaTikは良いけど高いですし。


今回増えたnano時計はこちら。中央は私のLunaTikです。手前のiWatchzの金属バージョンはステン製でかなりずしりときます。



それにしてもnano、そろそろバージョンアップで「手首の回転で時計表示」もしくは「画面タップで即時計表示」モードを追加して欲しいんですが。。。だめですかねぇ、Appleさん!

2012年6月14日

東京おもちゃショー速報:その他いろいろ

もう速報でもないですが、とりあえずその他撮影した画像アップします。まずはタカラトミーアーツさんから出ていた、ピカピカ自演セットのよぞらにおえかき マルチペンライト ブルー
(リンク先のamazonまだ画像ありません)。LEDのライトペンとiPhone Appでピカピカなアニメ制作が可能です。こちらの家電watchで詳細に紹介されています。(これ、トーチカさん的にはどうなんでしょね?)


身長2m程のオプティマスプライム。なんかもうフロントガラスのディティールにムリがあります。


リカちゃん くるくるかいてんずし。これだけ小さいと回転する意味無しな気も。


LEGOのスターウォーズコーナー。


ヨーダ。良い出来。


R2。マリオベリーニのポットの様。


ベイダー卿。意外と地味。


ウルトラエッグのウルトラマン。妙にムチムチ。


同、カネゴン。触れなかったので、この巨大な頭がどう格納されるかは確認できませんでした。


ガリロボ君。トランスフォーム前。


トランスフォーム後。


背中はこんなでした。


ポッキーデコマシン。ポッキーをくるくる回転させ、そこにチューブでチョコを螺旋状にトッピング。


おかしなプッチンプリン。プッチンプリンを凍らせてアイス化するセット。


試食もできました。美味しかったです。


カーズ カーズ おしゃべりあいうえお。五十音のキーを押し、マックイーンをはずして走らせると押した通りに喋りながら走って行く知育系玩具。バックだと逆再生します。(新製品ではありません)



最後に当ブログ的な腕時計っぽいのを。ゆび de ピアノ。どこでもピアノが弾けます。指は5本なのでドレミファソ、までで、左手で腕時計部(時計機能はありません)のキーを押しながらで続きのラシドが弾けます。


会場では撮影禁止なモノがいっぱいあってホントはそっちのが面白かったのですが、、、とりあえずざっと撮影してきた画像のアップでした。