2012年10月30日

iPhone用ミニ三脚を買った

前々回アップしたDEVONのTEAD 1の動画ですが、撮影はこのミニ三脚を使用してiPhone 5で撮影しました。Amazonで580円 につられて買ったのですが、これが値段の割には結構しっかりしていて良かったです。

この様に、iPhoneをくわえる大きめなクリップの付いた、ミニ三脚です。


くわえる部分はこんな。このパーツは三脚ネジで固定されているので、外せば普通のデジカメ用の三脚として使用できます。


iPhoneを付けるとこんなです。もっと小さいものや、いわゆるクネクネ三脚等もありますが、私の場合、腕時計の撮影が主なので、ある程度の重さがあり、この様なiPhone下向きで安定させることができるもの、という選択肢でこれになりました。


足はアンテナの様に伸ばすことも可能です。伸ばしきった状態でくわえる部分の高さは26cm程になります。


この数百円の三脚おかげでいい感じの動画が撮れました。多重露光系のiPhoneアプリもこれから遊びやすくなるかと思われます。・・・以上、iPhone用に買ったミニ三脚のご紹介でした。

2012年10月29日

DEVON TREAD 1 in iPod nano

先日、DEVONのTREAD 1を拝見させて頂く時に、せっかくだからiPod nanoにもTREAD 1を入れて一緒に撮影をしました。


2012年10月27日

超絶的にカッコイイDEVONのTREAD 1

昨日、Long Slow Distanceさんに伺いDevon WorksのTREAD 1を拝見させて頂きましたので早速画像をアップします。
TREAD 1とはカリフォルニアにある、そもそもカスタムスーパーカーを作っていたDEVONが2010年のバーゼルフェアで発表(同年末に発売)した、ベルト4本で時刻表示をするクォーツ式のメカデジ腕時計です。発売から既に2年程経過していますが、日本では今回初上陸で、現物は今回初めて見ました。この透明ケースに封印されたメカのディティール丸見えのデザインがスゴイです。(ちなみに下の画像で4時48分00秒です。)


何はともあれ、まずは動画をご覧ください。Full HDでアップしましたので、是非高解像度でご覧下さい。


動画の解説をしますと、

0:12…まず、リューズを左に回してスリープだった秒表示のベルトを起動、

0:20…リューズを長押しし、バッテリー残量表示モード起動。各ベルトが動いて時刻が12:00にリセットされます。

0:41…12:00にリセットされた直後、秒のベルトが「8秒」を表示。0〜10秒の中でバッテリー残量表示をする様になっており、10で100%です。なので、8なので80%のバッテリー残量です。

0:46…再びリューズを長押しし、現在時刻表示に戻します。各ベルトがまた一旦12:00まで戻ってリセットされた後、現在時刻表示をします。

と、いう様に、やってることは「秒のスリープを解除」し、「バッテリー残量を見て」、「元に戻した」だけなのですが・・・最短の逆回転等しない、この非効率な挙動がたまらんです。見ていて本当に飽きません。「メカ駆動バンザイ!」って感じです。映画HUGOをまた観たくなりましたw

以下、画像をざっとご紹介。まずは手に持った状態。すっごく大きいです。このモデルは最初の画像のステンの素材色のモデルに黒いTi DLCコーティングを施したモデルです。


更に拡大。透明のケースはポリカーボネート製です。


正面から。分表示のベルトが斜めに走ってるところがカッコイイですね。


巨大なリューズ部分。リューズですが、プッシュか左右にひねるだけの操作で回転はさせません。


裏面。ケースを兼ねたクレイドルに置くだけで無接点充電が行われます。充電池はリチウムポリマーバッテリーです。


色違いのモデル。オレンジの文字色がまたカッコイイ。


革ベルトのステッチもオレンジ色。


腕にはめた状態。失禁寸前ですw


iPod nano時計との大きさの比較。(nanoの方にも以前に作ったオリジナルデザインのデジタル時計の様な、画像のスライドショーで動くTREAD 1が入ってます。)


充電台も兼ねる専用ケース。これまたデカイ。


こんな置き場になってます。背面から電源コードが延びてます。


別売のケース。充電が必要な時計で、上のケースを常に一緒に持ち運ぶのはあまりに酷なのでこんなキャリングケースを兼ねた充電ケースが準備されています。


TREAD 1を置くとこんな。コンセントのアダプターまで同梱されています。


最後に、拝見させて頂いた3モデル一緒のカット。ちなみに価格は前の2モデルはどちらも1,764,000円(税込)、奥のオレンジのモデルが1,966,650円(税込)です。


最近、機械式でものすごいメカの腕時計がいろいろ出ていますが、それらはどれも数千万円コースの、所有するという意味では全く話にならないクラウドなジャンル(雲の上)の時計なのですが、このTREAD 1はどれも200万円以下なので、なんとかすれば買える範囲内ってのがまた悩ましいです。(悩ましいって、買うのか?自分??あれとあれをなんとかすればいけるか!?とか、、、うーん、、、SICURA-MENで誰か買わないかな)

・・・ということで、久しぶりに手にしてドキドキした腕時計、DEVONのTREAD 1のご紹介でした。70年代、世界初のLEDデジタル腕時計を発売したパルサーに次ぐ、腕時計におけるアメリカンドリーム再び!って感じですね。(Aさん、ありがとうございました!!)

2012年10月24日

「エッジ部で厚さ5mm」のMac miniを作ってみた。

新しいiPad等、いろいろ発表されましたね。リークされまくってたiPad miniよりもエッジ部で厚さ5mmと極薄になったiMacが驚きでした。
で、スペック的なマイナーチェンジはあったものの、本体のデザイン据え置きとなっていたMac miniに、新iMacの「エッジ部で厚さ5mm」なデザインを適用させてみました。

↓こちらです。このくらいの角度から見れば5mm厚の正方形の板が宙に浮いてる風に見えます。(テクスチャーの貼り込みとかライティングとか何もしていない、3D CAD操作画面のスクショですみません。そこまでやる気は無いもので。。。)



もうちょっとローアングルだとこんな。


下から見上げるとこんな。昼休みにざっと作ったのでRの処理とかも適当です。


現状の投影面積でこの削いだデザインが出来るにこしたことは無いのですが、一応即実現可能そうな寸法としてオリジナル(赤い線)に対してこの位(全周+15mm)大きくしています。

まぁ、ここまで大きくしてまでやる必要は全くありませんが、ちょっと見てみたくなったので作ってみた次第です。Mac miniはやっぱ、必要最低限なミニマムな箱であって欲しいですよね。

2012年10月22日

調布飛行場まつりに行ってきた

昨日、調布の飛行場まつりに行ってきました。飛行機やヘリコプター等の展示はもちろん、非常に多くの屋台が出ており、ヨーヨーつりや射的などの子ども向けの出店や食べ物系がほとんどだったのですが、その中でひときわおっさんばかりが群がっていた妙なところを覗いたら、こんな飛行機のジャンクパーツを売っているところでした。


その中で気になったものをいくつかご紹介。まずはこのスイッチ。家の照明のスイッチがパナソニックのへぼいやつなのでいつかいい感じのに交換しようと考えていたのでかなり真剣に悩みました。操作感も重めでバチンといい感じでした。


次はコレ。CAMERA DOORって、航空写真を撮る為のカメラの窓の開閉スイッチですかね?このたたずまいがカッコイイです。


次はコレ。飛行機の翼の端のライト部のカバーですかね?妙にキレイでカッコイイです。ロボコンとかやってる学生はこういうところでパーツ集めをすると苦労せずにカッコよくなりそうで良さそうです。


結局何も買いませんでしたが、こういうパーツの二次利用を考えながら見るのは楽しいですね。最後に下はINSTAGRAMにアップした飛行機のエンジンの画像です。


蜷川実花監修のカメラアプリcameranでの加工です。一番このアプリが似合わなさそうな被写体での作例、ということでw・・・以上、調布飛行場まつりでの画像のアップでした。


2012年10月20日

今日の腕時計:セイコーデジボーグ (G757-5000)

なんとなく今はめている時計をご紹介。セイコーの80年代のデジタル時計のデジボーグです。カッコヨイー。


以前にこちらでご紹介しましたが、背面のカットは無かったのでアップしておきます。青い傷防止のシールが貼ったままです。


今日はこれから近所で花火大会がある様ですが、アラームが鳴っている時の左上の窓のアニメーションも花火っぽくてカワイイです。・・・しかし、1980年ってもう今から32年も前なんですねぇ。。。

2013.11.24. 追記・・・・こちらこちらでデジボーグをi'm WATCHやPebble Watchで再現してみたことをアップしています。


2012年10月18日

カッコ良すぎる鏡面アヴェンタドール

私は昨日知ったのですが、今年のGUMBALL 3000 (主催者はあくまで公道ラリーと言ってるが実際は車好きのお金持ちの見せびらかしなレースと化している様です。)に出ていたアヴェンタドールがすっごくカッコ良かったのでご紹介。Flickr等にも画像いっぱい上がっていますが、とりあえず最初に見つけたYouTubeのスクショから。



で、こちらがそのYouTubeにアップされていた映像。アヴェンタドールは5:18あたりから登場します。



オレンジのアヴェンタドールにカバー合わせ部と面の折れ目を避けてシルバーのビカビカのミラーのシートを貼っている様ですが、、、カッコイイです。下手に全面鏡面にするよりもこの貼り方の方がパキパキな面構成のアヴェンタドールの造形に似合っていてカッコイイです。日本にきませんかねぇ〜・・・実車を見てみたいものです。

で、この感じ、どこかで見覚えあるなぁ、と思ったらこれでした。


前にアヴェンタドールのプラモを作った時に試しにパーツ合わせ部と面の折れ目に黒の細いサーキットテープを貼ってみた時の画像です。プラモに全面クロームメッキをかけ、同様にオレンジのサーキットテープを貼ればビカビカアヴェンタドールを再現できそうですね。

以上、最近知ったカッコイイアヴェンタドールのご紹介でした。

2012.10.19. 追記:こちらのTEAM SALAMONEのサイトのギャラリーに画像がいっぱいありました。Frickrですとこのあたりで良い画像がアップされてます。カッコイイ〜

2012年10月17日

久しぶりのIKEPOD等

先日、原宿にある腕時計セレクトショップ、Long Slow Distance (ロング スロウ ディスタンス)さんに行ってきました。他のショップではお目にかかることのできない圧倒的な存在感のある腕時計の数々、楽しませて頂きました。何本か撮影させて頂きましたので、ざっとご紹介。

まずはIKEPODのHORIZON HHT01。久しぶりにIKEPODを手に取りました。ケースの丸さ具合と文字盤のディンプルの入れ具合のマッチングが良いですねー


2012年10月14日

YAMATO 2199のコスモガンペン

昨日、YAMATO 2199 第三章、観てきました。毎回、リメイク具合とツボの押さえ具合が非常に上手ですっかりはめられてしまってます。ちょっと待てばTSUTAYAに並ぶし、テレビ放映も予定されていますが、やっぱヤマトは大画面がよいな、という事で毎回観にってます。
で、今回物販コーナーでこんなものが売っていたので買ってきました。コスモガンの形をしたボールペンです。


取り出すとこんな。側面と上面にマジックで書いた様な印刷があります。作りはチープですが、そのチープさがいい感じです。古代守の刻印等もありません。トリガーも動きますが、特にボールペンの出し入れに連動等はありません。


後端の撃鉄(?)部分をぐいっと押し込むと先端にボールペンの先が出てきます。


・・・非常に書きにくいですw ここまで書きにくい(=きっと使わない)なら、ボールペンでなくiPhoneのスタイラス(=きっと使わない)とかでも良かったかも。
以上、コスモガンペンのご紹介でした。


InstaWeather Proが良い感じ

iPhone AppのInstaWeather Pro、画像に位置情報からくる地名、気温、天気等を画像に追加してくれるアプリなんですが、その入り具合がカッコイイです。出来た画像はアプリ内からInstagramに直に送ることも出来ます。
以下、Instagramにアップした画像から。まずは近所に止まってたアメ車。カッコイイ。


友人のシマムラヒカリさんの個展。動物のシルエットをモチーフにしたお皿達。カワイイです。


新宿、ビックロ。気温も下がってきてますね。


以下はInstagramにはアップしなかった画像。ヤマト、観てきました。いやー、毎回よいですね。この様な天気予報な表示もあります。


久しぶりに見たIKEPOD。このあたりは後ほどまとめてアップします。


でも、なんだかんだ、こういう風景がやっぱ一番似合いますね。近所のこんな何でも無い画像もいい感じになります。


以上、アススメなアプリのご紹介でした。


InstaWeather Pro 1.5(無料)App
カテゴリ: 天気
販売元: byss mobile - BYSS mobile(サイズ: 3.8 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)


2012.11.03.追記・・・最近アップデートしたら思いっきり日本語バージョンになってしまい、残念です。。。

2012年10月11日

ORANGINAコンコルド、16個になりましたw

今日、Aさんにオランジーナのオマケのコンコルドをなんと9個も頂き、トータル16個になってしまいました。スバラシィ〜。これだけ揃うと圧巻ですね。



アングルを変えてもう一枚。いやー、いいですねー、同じのいっぱい。コンコルドは騒音がかなり問題になってましたが、これだけの数で編隊飛行をしたらものすごーいことになりそうですね。



Aさん、ありがとうございました!会社で並べて自慢した後、家の窓際に並べて飾ろうと思います〜

2012.10.14. 追記:なんとコンコルドの総生産台数は16機だったそうで、ちょうどその数と同じでした。スゴイ偶然ですね。