2012年12月31日

06LCの分解画像等を追加しました。

先日アップした、トップメニューのSEIKO 06LC 05LCのページに分解画像等を追加しました。旧サイトのアーカイブからの移転ですが、初公開の画像もありますので、よろしければどうぞ。


2012年12月29日

SYNCHRONARの3Dデータ化

5年以上放置していたSYNCHRONARの3Dデータをまたいじり始めているんですが、やっぱカッコイイですね。とても腕時計の造形とは思えませんw


基本、現物をノギスで測っての3Dデータ化なんですが、問題はここから先の「なんとなく雰囲気で繋がっている」四隅の角Rの面のつなげ具合です。基本、こういう面の場合は各面に稜線を投影して囲われた面を剥がして面を貼り直すんですが、こういう処理はこの3D CADよりもあっちの3D CADの方が得意なんですが。。。 どうしましょう。。。

マクロロン展の映像

家に貯まっていた昔のDVテープをHDDに落とす作業をやっていた時に出て来たマクロロン展の映像をアップします。(音声はありません。)



マクロロン展とは私が主宰する腕時計コレクター&デザイン集団「SICURA-MEN」が開催した腕時計展のことで、2003年にアンティークウォッチショップのル・トンさんで開催しました。(SICURA-MENと改名する前、我々はマクロロンと名乗ってました。)いやー、懐かしいですね。もうすぐ開催から10年ですか。。。

で、映像に登場する全ての時計は我々SICURA-MENの所有物です。この時はLEDウォッチに絞って展示を行いまいしたが、液晶デジタル系やメカデジ系のデジタルも含めると、きっとこれの数倍の数になっていたことでしょうw ていうか、またやりたいですね。。。

以上、発掘されたマクロロン展の動画のご紹介でした。(ニューデザインパラダイスに出演した時の映像も出てきたのですが、こちらはテレビ映像なので著作権的に控えさせて頂きますー)

国産液晶デジタルファーストモデルをアップしました。

上のトップメニューにSEIKO 06LC 05LCを追加し、国産初の液晶デジタル腕時計、セイコーの06LC等をアップしました。


昔、腕時計のコラムをやっていた頃の画像です。でかいウォーターマーク付き、拡大画像へのリンク無しですみませんが。。。やっぱ、カッコイイですね、この頃の国産デジタルは。

2012年12月22日

ARCHIVEのページを更新しました。

上のメニューにある、WATCH ARCHIVEのページ、昔の時計紹介のページに直に飛べる様に変更しましたので、宜しければご覧下さい。もう、10年以上も前のページばかりですがとりあえず時計はいろいろ見れます。特に下の方のTOY WATCHのあたりがお勧めです。

たとえば、こんな時計とか、(ページはこちら


こんなトキマのカラバリとか(ページはこちら)、


前のサイトではアクセス数ダントツだったユナイテッドアローズとMotelによるZODIAC ASTRODIGIT(画像右)を思いっきりパクった時計「DEGI-WATCH」(こちら)等がご覧頂けます。


ほんとに全てのページにおいて画像の解像度アップ、テキスト書き直しをしたいところです。。。

BRAUN DW30 オリジナルと復刻版

最近あちこちでみかける、1978年にBRAUNから発売されたLCDデジタル時計、DW30の復刻版。私はずいぶん前にヘンリーズのオークションで入手したオリジナルを所有しているのですが、先日久しぶりに電池を入れたのでその様子と復刻版との違い等についてアップします。


2012年12月17日

iPhone 5とIXYで画像に差はあるのか?

ほぼ自分の為のアップです、すみません。当ブログの画像はほとんどiPhoneで撮影した画像(画処理もほぼiPhone)なんですが、最近のデジカメは撮影後、Wi-Fi経由で直にiPhoneに画像を送れるので、IXYで撮影、iPhoneに転送、画処理、ブログアップ、なことがパソコン無しで出来てしまうので、圧倒的に撮影画像に差があるのであれば、久しぶりにIXY買ってもいいかな、と思い、今回撮り比べてみました。


撮影に使用したデジカメは上の画像のIXY 430Fです。すっごい紫色ですね。

2012年12月13日

第8世代のiPod nanoを予測してみる


現在発売中の第7世代のiPod nano、前機種で「腕時計化」という新境地が与えられたのに、なんでまた(デザイン的にも)中途半端な縦長のスタイルに戻してしまったのでしょう?現行のnanoは腕時計好きな私にとって非常に残念な展開でした。Apple製品を腕に巻ける日はもう来ないのでしょうか??


・・・いろいろ考えながら現行nanoを眺めていたら「ん、もしかして、この新nanoの丸いアイコンはnanoがまた上の図の様になって腕時計化に戻ってくる布石かも!」と、希望的仮説が浮かび上がってきましたので、以下にその仮説と結論に至るまでを挙げてみます。

・まずは新iPod touch。一新されたデザインと共に非常に好評。

・それに対して新nanoはそのイマイチなデザインが不評。動画再生の機能も復活もしたが、こなれてきたtouchに対して立ち位置がいまいち中途半端で売り上げも不調(多分)。

・腕時計スタイルの継続を希望したユーザーからの膨大な量のクレーム(私だけか?)がAppleに寄せられる。

・Apple、これまでにないサードパーティーの盛り上がりを見せた「Apple製品の腕時計化」という新境地をわずか1機種で捨てたことを徐々に後悔(してくれ)

・以上のことからAppleは動画再生も可能なミュージックプレイヤーは好調なiPod Touch1機種に集約し、nanoは元の腕時計化も出来るミニマムなスタイルに戻すことを決意。

・Apple「でも以前に、shuffleをボタンの無いスティックデザインにした時にすぐに元のデザインに戻したの時の様に、今回もすぐに前のデザインに戻すのはどうも迷走感丸出しでやだなぁ。どうしよう」と考える。

・Apple「あ、もともとiOSでないことの明確な表現の為にnanoのアプリアイコンを四角から丸に変更したけど、本体のデザインもそれに合わせて丸くしちゃうってのはどうよ?」「ほら、丸ケースなら2100万ドルもライセンス料払ったスイス国鉄の時計を入れてもピッタリだし!」

・Apple「やたーできたー!」

・・・の結果が最初にアップした図になります。



・・・ここまでやるんだったら、MONDAINE(スイス国鉄腕時計を販売している時計メーカー)と契約して最初から本体に時計ベルトの付いた案にしようかとも思ったのですが、そこはサードパーティーの盛り上がりの余地を残す意味で背面は前機種同様のクリップタイプとしました。

逆に、Appleでは既に次期第8世代iPod nanoを丸ケース腕時計化で製品化するロードマップが出来ており、現行nanoを踏み台として先行してアイコンを丸くしていたら凄いですね。ていうか、是非そうであって欲しい!という熱い希望を込めた新nanoの予測図のアップでした。

(・・・しかし、今見ると昔のPOP SWATCHみたいなそのデザイン自体がイマイチですみません。ボリュームボタンとか忘れてますし。ていうか、前にSONYでこんなリモコンもありましたね。。。以前アップした、端部で5mm厚のMac miniを丸くした様なデザインにすればまだ良かったですね。)

2013.5.14.追記:最近はiWatchなるものが話題ですね。本当に出たらそれはそれで嬉しいのですが、こちらにそういったiPhoneとのリンク云々を抜きにした、純粋な腕時計i(Mac)Watchの画像をアップしておきました。これでいいです、Appleさん。


また、こちらにはiPod nanoにデジボーグを入れた動画もアップしておきました。iWatchが本当に出るのであれば是非動画再生に対応してくれるとこういった遊びも出来て嬉しいのですが。。。



2013.6.20.追記:こちらのページにi'm WATCHをiWatch化したことをアップしました。nanoによるフェイクなものでなくちゃんと「iPhoneロック画面風腕時計」として機能しています。併せてどうぞ。



2013.9.10.追記:iPod nanoの腕時計化の復活が待ちきれないのでi'm WATCHにスイス国鉄の時計をいれてみたのをこちらにアップしました。スイス国鉄の時計同様、秒針がにょーっと58秒で1周し、12時位置で2秒間停止し、その間に分針がぴこっと1分ぶん進み、その後また秒針がにょーっと動くstop2go機能入りです。



2014.01.22. 追記:このページの最初にアップした予測図ももう2年も前なんですが、、いまだに出ませんねぇ。。。iWatchなる新デバイスが本当にAppleから出るとしたら、nanoの腕時計化などという中途半端なものはもう出ないんでしょうね。。。残念です。ていうか、iWatch、出すからにはnano時計いや、Pebble Watchを超える、「腕時計として使える物」であって欲しいものです。

2014.07.09.追記:モトローラからMoto360なる、この丸形nano時計みたいなのが出ますね。やたらとデカそうで狭額円形液晶が全周でないのが残念です。ていうかAppleからいまだに出ないのが残念です。

2014.08.23.追記:こちらに当ページ最初のnanoの予測図の様な、moto360にstop2goを入れた図をアップしました。

2014.09.15. 追記:iWatch改めApple Watch、発表されましたね。良くも悪くもこの予測nano時計を四角くした様なデザインでした。丸いアイコンは的中したかと。。デジタルクラウンを謳うなら上のi(Mac) Watchの様なVENTURAデザインの方が使い易いかと思われますが、、発売までWatchfaceを作りながら待ちたいと思います。

DIGITRENDかCASQUETTEか?

先日、webをチクチク見ていたらこのDIGITRENDかGIRARD-PERREGAUXのCASQUETTEもどきな時計の映像をみつけました。


MB&FのHM5という時計なんですが、、、映像はこちら。



Kさんのデジタル時計いろいろ

友人のKさんが最近入手された時計の画像をいろいろ頂いたので、ここでまとめてアップさせて頂きます。まずは画像右のZODIACのASTRODIGITと同じモジュールを使用した70年代のデジタル時計。(CATENAかな?)ぐるっと囲んだテーパーのひさしがカッコイイです。


EVISUジーンズの巨大なデジタル時計。数年前の製品の様です。右のASTRODIGITをお手本にどかーんと巨大化した感じ。EVISUジーンズって時計も出してたんですね。


左、シチズンのデジアナジェットボーイ風な80年代のデジタル。この丸ケースは私は初めて見ました。時計本体の大きさに対して中央の白いアナログダイヤルのものすごーい小ささ具合が良いですね。右はリコーのデジアナカレンダーのメタルバージョン。黒いプラスチックケースでなく、このメタルバージョンは非常に珍しいです。


ウイットナーのLCD,LEDデジタルとシチズンのクリストロン。このベルト、本体をステンの薄い板で一体化させたデザインは後にINDEPENDENTシリーズで復刻されてますね。


HP-01よりも巨大な計算機付きデジタル。右半分の小さいスイッチはダミーです。このディティールにこの配色がよいですね。


セイコーの腕コンUC-2000用の英単語ROMパックという非常にレアな物も入手された様です。スゴイー


今となっては実用には程遠いものですが、この得られるほんのちょっとの情報がまたかわいいですw


以上、Kさんに頂いた画像のアップでした。

2012年12月3日

lipのRetrograde

今日腕に巻かれているのは1960年代に発売されたlipのレトログラード。針が円弧上に動き、下まで行ききるとピコンっと上に戻る動きをするのをレトログラードと言うのですが、lipでこの縦型のは非常に珍しいと思います。


2012年12月1日

New iMacを見てきた

昨日から新iMacが店頭に並びはじめたので、渋谷のApple Storeで見てきました。いやー、カッコイイです。LCD面側から見ると何も変わった感じはしないのですが、端部で5mm厚となった極薄具合と背面の曲率具合が非常にキレイでした。以下、Instagramにアップした元画像でスミマセンが貼っておきます。
現物を見るまでは5mm厚部分と最厚部を結ぶ曲率に結構ムリがあって面が破綻してそうだなぁ、と思っていたのですが、現物を見るとそんな感じはなく、思わず撫でたくなる程、非常に滑らかな面でした。(実際はかなり無理のある面の繋がりをしているはずなんですが、マットな質感がそれを目立たせなくしてくれています。)


で、よく見ると5mm厚部分の上面中央とその近く背面に小さいマイク穴が空いてました。


iMacの基本造形はこれで完成の域に達した=デスクトップパソコンのほぼ最終形になった気がします。是非、このデザインのまま、リファインを加えながらずっと作り続けて欲しいですね。