2013年11月30日

3Dプリンターで作るたけのこの里トレイ Ver.2

どうも前回作ったたけのこの里のトレイが底面が反ってしまって悔しいので、反らない形状にしたバージョン2を作りました。


上は完成状態ですが、まずは上の形状を作るべく、3D CADでモデリング。たけのこを包む最低限のコーンを並べてます。


底面の接地面積を極力少なくすべく、いわゆる卵パックの様な構成にし、データ作成。結構カッコイイ。



裏面はこんなです。点で接地するのでこれなら反らないはずです。(って、私はどこに向かっているのでしょう。。)


卵パックっぽく白で出力して完成。反ってません!コーンの形状に段差が出来てしまいましたが、ほぼデータ通りでいい感じです。肉厚はもっと薄くした方が良かった様です。


で、早速たけのこの里を並べるの儀。必要最低限のトレイにきちんと並んで気持ちいいは気持ちいいのですが、、、どうもただの四角い箱に刺さって並んでいる前バージョンの方が私的にはぐっときます。苦労した割には量産型っぽすぎる(ありがちな形っぽい)んですかね?うむむ…


参考までにきのこの山も入れてみましたが、、、なんか、おぞましい感じになりました。草間彌生さんの初期の作品の様です。きのこの山ってこんなに作りがラフでしたっけ?


・・・肉厚を薄くしたりデザインを変更した次バージョンも考えられますが、これまで撮影の為にたけのこの里を既に3箱も買っており、食べ飽きてしまい、しかも久しぶりにきのこの山を食べたら「おぉ、ちゃんとチョコを食べてる感がして、こっちのが旨いじゃん」と思えてきてしまった=モチベーションが下がってきてしまった、ので、きっとこの続編はもう無いと思われますが、、、そのうち、3Dプリンターデータ共有サイトに.stlデータをアップするかもしれませんので、その時はまたお知らせします。以上、たけのこの里トレイバージョン2を作ってみた、のアップでした。

オリジナルデジボーグと自作デジボーグ

オリジナルのセイコーデジボーグと自作したi'm WATCH版、Pebble Watch版を並べて撮影してみました。中央のオリジナルが縮こまって見えますw 


最近ずっとPebble Watchを使ってたので、久しぶりにi'm WATCH版デジボーグを見ると、やっぱ凄くキレイで良い出来に見えます(自画自賛)。PebbleはPebbleなりのお手軽さに見合ったデジボーグっぷりでそれはそれで良いのですが(自画自賛)。


以上、デジボーグ化したスマートウオッチ2種とオリジナルとの3ショットのアップでした。(本当はこの3ショットはもっと早くアップしたかったのですが、Pebble版デジボーグが出来たと同時に「私の役目は終わった。。。」と言わんばかりにオリジナルデジボーグのバッテリーが切れてしまい、昨日バッテリー交換をして今日に至った次第です。)

追記・・・こちらでよりオリジナルに近づけたPebble版のデジボーグの完成版をアップしています。

ClassicなMacのDeskTop風なデジアナを作ってみた。

Pebble Watchの画面作りが止まりませんw 次は以前に作ったMacのデスクトップ風なデジタル時計にアナログ時計を追加して、デジアナにしたものです。デスクトップにウインドウが一つ開いている様にし、そこにアナログ時計を表示しました。


デスクトップに壁紙風にアナログ時計を置いてみたりもしたのですが、ハーフトーン地に画像を置くとエッジがジャギって見えるというのもあり、やはりこちらの方がしっくりきました。


旧OS風なのが初代iPodの様な風情に良く似合ってていい感じです。・・・以上、Classic Mac DigiAnaを作ってみた、のアップでした。


Happy PebbleとSadPebbleを作ってみた

前回Happy MacなPebble Watchの時計画面を作りましたが、どうせならPebbleの顔がいいなぁ、ということで作ってみました。Happy Mac風な Happy Pebbleです。(Pebble Watchをお持ちの方はこちらからダウンロード出来ます。)


で、ついでにSad Pebbleも作りました。(ダウンロードはこちら)


ジェネレーターがGifアニメにも対応してくれたら、Happy Pebbleは時々ウインクしたり、Sad Pebbleはバタッと倒れる様なアニメにしたいところですが。。。以上、Pebble Watchの時計画面その後、でした。

追記:ファームウェアV1向けなのでダウンロードリンク削除しました。

2013年11月27日

3Dプリンターでシドミードさんのサインを作ってみた。

前回モノリスを作った時に、そう言えば以前デザインしたシドミード時計のパッケージもモノリスのアスペクト比にしたなぁ、と思い出し、ならば、ということで、シドミードさんのサインを立体にしてみました。厚さは1cmでスキマは大分埋まっちゃってますが、それなりに出来ました。もう少し小さめに出力してバッジにしたりするとカッコイイですかね?


これもまた3Dプリンターに貼り付いている状態が十字架っぽくて神々しいですーw


3D CADのスクショ。この状態もカッコイイ。



こういう元データがあれば押し出すだけの造形はお手軽に出せて良いのですが、面白さはネタ次第ですね。以上、シドミードさんのサインを出力したお話でした。

3Dプリンターでモノリスを作ってみた。

3Dプリンターで何か手っ取り早く作れないかなと思い、モデリングが1分で出来るモノリスを作ってみました。出力が終わり、3Dプリンターに立っている姿が神々しいです。黒で作りたかったのですが、どうも黒のフィラメントを使うとエラーになるので、止むを得ずドピンクのモノリス。


手に取るとこんなです。青でも作ってみました。アスペクト比は言うまでもなく、1:4:9 (cm)です。そう言えば、昔、かまぼこ板を測ったらほぼアスペクト比が1:4:9 になっていて感激した覚えがあります。(かまぼこ板にはいろいろなサイズのものがある様ですが、たまたま測ったものがその比率でした。)


2つ並べるとこんなです。ドミノにしたくなりました。あといくつ出力すれば良いのでしょうw モノリスでドミノなんてバチがあたりそうですね。


以上、3Dプリンターでモノリスを出力したお話でした。

2013年11月25日

3Dプリンターで禁断のLEGOパーツを作ってみた。

先日、3Dプリンターでこんなレゴパーツを作ってみました。ポッチが上下両面にあるレゴパーツです。


真横から見るとこんなです。Cubeでのプリントはこんな小さくても相変わらず底面は反ってしまいます。


上面はそこそこ出来ていて、レゴもいい感じに付くのですが、、、


裏面はもう、Cubeならではのぐだぐださです。ヤスリで削ってようやく付く様になりました。


上下にレゴを付けた状態。底面側(画像では上側)は反ってしまってスキマが空いてしまってますがとりあえずこういう状態で連結できます。こういうパーツってレゴに既にあるんですかね??ダースモールのライトセーバーの様な、両方の先端をポッチ側にしたい時や飛行機の様に上下面ともポッチ面にしたいときなど重宝するパーツだと思うのですが。。。


普通の赤いレゴと並べた状態。奥のは両面凹のレゴも作ってみたものです。あまり使用する機会は無さそうですが、ついでに作りました。


以上、3Dプリンターでレゴパーツを作ってみたご紹介でした。3Dプリンターはこういったどうでも良いものをさくっと作れるのが楽しいですね。

2013年11月24日

Pebble Watchが普通のデジタル時計としても最強な件

Pebble Watchが来て1週間程経ちましたが、結論としてこれは、スマートウォッチとしてはもちろん、「iPhoneと通信出来る、普通のデジタル時計として最強」なのではないか?と思えてきましたので、以下にまず、Pebble Watchの持つ機能を挙げてみます。


■Pebble Watchの持つ機能

・まず腕時計としては当たり前ですが、常に時刻を表示している。nano時計やi'm WATCH等はバッテリー消費を抑える為、ボタンを押さないと点灯しないのですが、これが意外とめんどくさいです。最近のスマートウォッチも通常は暗く表示、もしくは消灯していて、手首をくるっと回すと液晶のバックライトが点灯して時刻確認ができる様になってますが、これもまた所作が大げさで、普通の時計の様なチラ見での「さりげない時刻確認」ができません。普通のデジタル時計の様にバックライト点灯を必要とせずに常に時刻表示をしているPebbleにも、手首をくるっと回すとバックライトが自動点灯(数秒で自動消灯)する機能がありますので、暗闇での時刻確認も楽です。視野角が広くドロップシャドウの無い、ハイコントラストな白黒液晶は他のバックライトを必要とする液晶のスマートウォッチの比ではない、圧倒的な直射日光下での見やすさです。使用している液晶デバイスはシャープのメモリー液晶を使用している様です。Pebbleのサイトで「e-paper display」と紹介していますが、いわゆる「e-ink」(セイコーのマイクロカプセルを使用したアクティブマトリックスEPD等)ではありません。逆にこのきびきびした挙動はe-inkより良いと思います。

・バッテリーの持ちが良い(7日程。i'm WATCH等、他のカラー液晶搭載のスマートウォッチはほぼ毎日充電が必須。)

・軽い(38g。nano時計(iPod nano+LUNATIKの腕時計型ケース)69g、i'm WATCH80g、先日買った逆輸入クロノは71g。レギュラーのSWATCHが21gなのでその位)

・安い。$150。$1=104円として約15,600円。$99(Steelで$199)に価格改定されました。安いですねぇ。(2014.10.12.追記)送料無料で届く。(私は3日で届きました。)

・5気圧防水で雨の日等でも気楽に使える。ヘッドホンジャックやスピーカー穴等も一切無いのでゴミや水の侵入に対して考えなくてよい。

・本体デザインが妙に力む事無く、程よい力の抜け具合でカッコイイ。

・腕時計表示のデザインが自分で出来る。これが素晴らしい。下地の画像を準備すればジェネレーターのサイトで5分で出来る。もちろん、プログラミングのスキルがあればSDKを導入し、より自由にデザインできるし、時計以外のアプリも作成可能。

以下、いわゆるスマートウォッチ的な機能として(無料アプリダウンロードが必要なものもあります)、

・iPhoneの通知センター経由でメール、電話、SNS等の一通りの着信通知が来る。Pebbleを腕に巻く様になってから電話やメールの着信に気付かないということが無くなりました。

・iPhoneで聞いている曲の一時停止、曲送り、戻し、ボリュームコントロール、タイトル表示(日本語は非対応)。

・iPhoneとのBluetooth通信範囲内から離れるとブルブル振動して通知(iPhone置き忘れ防止に役立ちます。アプリインストール必要)

・Pebble WatchからiPhoneを探す機能がある。(iPhoneをマナーモードにしていようが、Pebble Watchから強制的に最大音量でiPhoneからアラーム音を鳴らすことが出来る。アプリインストール必要)

・リモートカメラ機能(iPhoneのカメラ映像をスルーで表示、レリーズ、LEDオン、カメラ前後切り替えも可能。自撮りにも良いですね。アプリインストール必要)

・その他、リマインダー、天気、カレンダー、Twitter等の閲覧、Runkeeperとのリンクなど


■逆にPebble Watchに無いもの

・カラー液晶(不要。腕時計としてカラー化よりバッテリーの持ちを優先するべき。バッテリー問題が解消したとしても、妙にハイスペック化していくスマートウオッチの中、この初代iPodの様なパキッとしたモノクロ液晶の方が今逆にカッコヨイ。)

・タッチスクリーン(不要。i'm WATCHをずっと使っていたが、反応がどうもイマイチで誤動作が多い。iPhone並みのタッチスクリーンが実現したとしても、腕時計として「画面常時点灯を必須」とすると、常に誤動作しない様に画面をタッチしない様に気を遣うのも面倒)

・スピーカー(不要。アラームも振動のみでOK)

・音楽再生とヘッドホンジャック(不要。nano時計、i'm WATCHをずっと使ってきてヘッドホンを挿して音楽を再生したのは1〜2回程)

・動画再生、GPS機能等(これも不要。iPhoneで見れ。iPhone側のGPSアプリの情報をPebble上で見るアプリはあります)


・・・といった感じで、少なくとも私はこれまでデジタル時計をいろいろ所有してきましたが、スマートウォッチ云々以前に、現状考えられる「デジタル時計」として最強だと思ってます。(もちろん、スマートウオッチに求められるiPhoneとの連携機能もちゃんとこなしていますし。)

で、逆にPebble Watchに不満が無い訳でもありません。

・アンドロイドの方がアプリが充実している(これは是非iPhoneも同等にして欲しいところです)

・インストール出来るアプリもしくは時計が8個しかできない(これは価格的なメモリー容量的にもしょうがないですかね。)

・日本語非対応(メール着信通知等日本語部分は□□□となる。アンドロイドだと日本語表示化するアプリがあります。)追記:CryingnekoさんのPebble日本語言語パックでiPhoneでも日本語表示可能です。(twitter上で登場するTop5,000の漢字まで対応なので常用ではほとんどこれでOKです。)

・充電ケーブルがその辺で売っていない。(本体防水化の為に磁石でカチッと付く専用コネクターなのは非常に良い構造なので、オフィシャルのサイトで予備がさくっと買える様にして欲しいです。追記:最近はこちらで購入可能です。)

とありますが、まぁ全ては「安いから許す!」って感じですね。・・・ということで、以下、画像でそれぞれの機能をざっとご紹介します。

まずはかなり初期に作ったwatchface、旧Mac OS風な時計その1。Happy Macな時計。


その2。同クラシックなMacのデスクトップのまんま。右上のデジタル時計が時計として機能しています。


ダウンロードしたPong時計。Pongは動いていて右がミスると分が1分上がり、左がミスると時が1つ上がって現在時刻を表示します。昔この掛け時計版があり、腕時計版が出ると聞いて欲しかったのですが、今になってやっと自分の腕にきました。


ダウンロードしたアプリ、SmartStatus。上段に時刻、日にち、中段に現在地の天気、気温、iPhoneのバッテリー残量、下段に聞いている曲のミュージシャンとタイトルもしくはボタンを押すとカレンダーの直近の予定を表示します。ここは予定ではなく、時計に表示させておきたいテキストをカレンダーの直近の予定に記載しておけばリマインダーの様に常に時計に表示させておく、という使い方もできます。


SmartWatch+のFind My iPhone。これを選びボタンを押すと「ピピピピーン、ピピピピーン…」と潜水艦のピンガーの様な音をマナーモードにしていようがiPhoneから最大音量で鳴らせることが出来ます。たまに家でどこかにiPhoneを置き忘れ、家の電話から自分のiPhoneに電話をして探すのですが、大抵マナーモードにしてるので電話をかけてもブーンブーンとどこかで震えるだけなので耳をじっとすまして探していたのですが、これは便利です。


iPhoneのカメラ画面をスルーで表示、レリーズも出来るPebble Cam。約1秒ごとに画面がワイプでリフレッシュします。ざっくり何が写ってるか分かる程度ですが、リモートレリーズは良いですね。


インベーダーもダウンロード。ちゃんと遊べますw


手元に届いたばかりに撮影した画像。i'm WATCHと並べ充電中の図。こんなコネクターを左側に付け充電します。


本体右側はこんな。ボタンの押し心地はイマイチですが、5気圧防水の為にしょうがないところですかね。


左側はこんな。充電の接点があります。


裏面はこんなです。充電池の交換は出来ません。


と、まだ1週間程の使用なのですが、iPhone持ちの方は是非買うべきな時計だと思いました。購入の際はamazonにもありますが(当サイト右側のamazonへのリンクの画像で飛べます)、どれも高いのでオフィシャルのサイトで定価でポチられるのをお勧めします。

以上、Pebble Watchのご紹介でした。・・・ところで、Appleから出るとウワサされ続けるiWatch、「常用する腕時計」として、このPebble Watchを超えられるでしょうかね?フルカラー高解像度液晶、タッチスクリーン、音楽、動画再生等フル装備というGALAXY Gear並みの安直な高機能化だけではこのPebble Watchのフットワークの軽い、「立ち位置を心得た心地よさ」は超えられません。「iPhoneは常に携帯している前提で更に身に付けることを要求するスマートウォッチ」というデバイスのあり方をAppleはどう提案してくるか?Jobs亡き後のAppleの本当の力量が試される新デバイス登場となるかと思われますので、期待して待ちたいと思います。「Appleらしくプロダクトとしてカッコイイんだけど、デバイスとして不要」という一番ダメな着地点になってしまわないことを切に願います。



2014.1.25.追記・・・非常に長いページになり恐縮ですが、以下に最近作ったWatch Faceを貼っておきます。こういったオリジナルな時計を作れるのが非常に楽しい時計です。

まずは当ページ最初にアップした、80年代のセイコーのデジタル時計、デジボーグの再現。セイコーさん、オフィシャルで出してください。


クラシックなデスクトップにアナログ表示を追加したもの。


Happy Mac風なHappy Pebble。


同、Sad Pebble。


シチズン、初代デジアナ風。


両手で時刻を告げるPebble Man。


当ブログのヘッダーにある、江口寿史さんに描いて頂いた、老人Zのハルコさん時計。


AKIRAより。デコ助野郎時計。


宇宙戦艦ヤマトより。森雪時計。「10時(現在時刻)の方向にガミラス艦が!!」


同2199版森雪時計。セリフもそれらしく変更。


同2199版沖田艦長の懐中時計。「ワープ開始18分前」の18は今日の日にちを表示。


テクノな感じのwatchface。かなりの数ダウンロードして頂いてます。感謝!


SYD MEAD氏のトロンフォントを再現。(詳細はこちら


ワールドタイム風。毎分世界地図がスクロール。(詳細はこちら


どこでもいっしょのトロを入れてみたりとか。(詳細はこちら


Happy Macなものとか。(詳細はこちら


ベイマックスなものとか。(詳細はこちら


等々。。オリジナルデザインの時計を表示する機能が無かったらここまでPebble Watchに惚れ込まなかったかと思われます^^・・・以上、各watchfaceの詳細等当ブログのPebble Watchの話題はこちらでまとめてご覧頂けますので、よろしければどうぞ。

2014.02.08. 追記:Gumroad経由で私が作ったwatchfaceを購入することが出来る様にしましたので是非ご覧下さい。ページトップのグレーのメニュー内のWATCHFACE STORE、もしくはGumroadのページのこちら(https://gumroad.com/utdesign)です。まだ掲載しているデザインは少ないのですが、これから徐々に増やしていこうと思います。

2014.06.28. 追記:画像等ちょっと差し替えました。Android Wearによるスマートウォッチがいろいろ発売されますが、最初は目新しさでそこそこ売れるでしょうが、きっと皆さん「腕時計にスマホと同じ機能はいらないし、電池全然もたないし、強いて言えば電話とメールの着信通知だけで良くね?ていうか、気合い入れまくりのデカいスマートウォッチって、、やっぱダサいな」と、一回りしてPebbleに戻ってくると思われます。
私的にもスマートウォッチに求めるのは「自分でデザインした時計を腕に巻くためのプラットフォーム」の1点だけであり、それを実現してくれる上に、電池の持ちが良くて、防水で、着信通知もしてくれるというおまけ付き、しかも価格は1万円台(Pebble Steelは2万円台)という安さ、モノクロ液晶?そもそもデジタル時計はみんなモノクロだ!ということで、(何度でも言いますが)Pebbleは現状最高のデジタル時計だと思っています。

2014.10.12.追記:価格が変更になりましたので修正しました。オリジナル$99、Steelで$199って安いですねぇ。サイトも8ビットな感じにリニューアルされ可愛いです。

2015.01.10.追記:各所記載修正しました。今開催中のCES、昨年はPebble Steelを発表しましたが、今回は何もアナウンスは無いようですね。

2015.3.1. 追記: 新型Pebble Time、発表されましたね。カラー化してもバッテリー持続約7日間、素晴らしい。薄型化されたデザインもまともで5月発売予定です。

2015.6.23. 追記:こちらで新型Pebble Time開封の儀を、こちらでPebble Timeに関する当ブログ内の記事をまとめてご覧頂けますので、宜しければどうぞ。


2016.8.16.追記:Pebble用の充電スタンドの販売を開始しました。こちらでご紹介しています。よろしければこちらも併せてどうぞ。