2014年12月31日

WATCHFACE今年のダウンロード数

これまでPebble用にいろいろなwatchfaceを作ってきましたが、PebbleのオフィシャルなApp Storeと、MY PEBBLE FACES、およびGumloadで販売した、トータルのダウンロード数を年末なので数えてみました。
有料、無料、細かいバージョン違い等、トータル18個のwatchfaceをこれまでアップしてきたのですが、結果、全てひっくるめた総ダウンロード数は21,701でした。・・・正直多いのか少ないのか、良く分かりませんw 私的にはかなりの数だと思ってます。ダウンロードして使用して頂いている皆様、有料版をご購入して頂いた皆様、ありがとうございました。

で、ダウンロード数、ダントツの第1位は6,473ダウンロードのTECHNO 01でした。一番お気に入りのオリジナルデザインが一番ダウンロードされたのは嬉しいですね。今見ると直したいところがちょこちょこあるのですが。。それにしてもジェネレーターサイトには感謝です。



ちなみに第2位はNEXTATLAS、第3位はDIGIBORGでした。(リスペクトとかオマージュとか都合のいい言い方はありますが、DIGIBORGはあくまでオリジナルデザインはセイコーさんですので、現在はAppStoreへのアップ、販売等はしていません。「二次創作同人watchface」ということで、App Storeにアップするのを控えているヤマトとかアオイホノオとかのwatchfaceと一緒にコミケで売ると良いんですかね?)

最近はいろいろ忙しくて作っていませんが、今回の冬休みは例年よりもちょっと長いので久しぶりに作ろかと思ってます。・・・以上、これまでダウンロードされたwatchfaceの数のアップでした。皆様、良いお年を。

2014年12月23日

FLUX CAPACITOR WATCH キタ!

久しぶりにカッコイイ腕時計をポチりました。これは映画 BACK TO THE FUTUREでドクが発明したタイムトラベルを可能にする次元転位装置、FLUX CAPACITORの形をした腕時計です。THINKGEEKから$49.99で発売されましたが(サイトはこちら)、あっという間にOut of stockになり、どこかで売ってないかと探したところ、BTTF.netというBACK TO THE FUTUREのグッズを販売しているサイトで発見し(サイトはこちら)購入した次第です。(2014.12.23現在、こちらでも売り切れになってしまった様です。)価格は$49.88とちょっと安くなっていますが、送料が$47.95もかかり、ほぼ倍の価格になってしまいました。

で、この時計、カッコイイです。デロリアンの外装と同じくオールステンレスの無骨で重いケースにFLUX CAPACITORが収まっており、手前のテーパー面にはタイムトラベルの時刻設定をするタイムサーキットを模した液晶ディスプレイがあります。



右側面には3つボタンが並んでいます。


手に取るとこんなでかさです。



側面から見るとこんなです。下手に凝ったディティールもなく、直方体の手前の角を45度にスパッと切っただけの潔い形です。



液晶はボタンを押した時だけ赤く表示されます。ここは本来なら液晶でなく、映画同様のLEDの表示にしたかったところですが、大きさとコスト的にやむを得なかったところでしょうね。表示位置も本当はこのテーパー面の上下方向のセンターにレイアウトしたかったところですが(現状テーパー面の上ギリギリにレイアウトされています)、これも基板等の内部構造上これが限界だったのでしょうね。



で、腕時計であるからには時刻を表示しなくてはならないのですが、なんと液晶面では現在時刻は表示しません。と言いますか、ボタン操作をしなければ液晶も点灯せず、ただの「腕に巻くでかいFLUX CAPACITOR」です。
ということで、そのあたりはやはり動画でないと説明できなさそうなので、動画を撮りましたので、ご覧ください。



と言う様に、右の下のボタンを押して、FLUX CAPACITORのLEDの点灯数を数えて現在時刻を知るという凝った仕様になっていて、非常に面倒で解りにくいですw まぁ、その「手が込んでるのに解りにくい」ところが良いですが。
で、使用方法をまとめますと、
・右上のボタンは時刻修正用で2秒の長押しで修正モードに入り通常は操作しません。(この時刻修正時にはちゃんと液晶に現在時刻が表示されますw)
・右中央のボタンはデモ用のボタンで、押すとFLUX CAPACITORが映画の様に点滅し、液晶面にはランダムな年月日が表示されます。
・右下が現在時刻表示用のボタンで、押すとFLUX CAPACITORでの時刻表示を2回繰り返し、液晶面では現在の年月日を表示します。



現在の年月日を表示している液晶面拡大。バックライトは無いので暗闇ではFLUX CAPACITORによる時刻表示しか判りません。



裏蓋にはユニバーサルスタジオのライセンス等の刻印があります。特に限定生産という訳でもなく、シリアルナンバーの刻印等もありません。



ベルトはかなりゴツく、バックル部は2重のロック機構があります。ラグ部の形状上、このベルトしか付かないのが残念。


腕に巻いたところ。ゴッツイです。


正面から。カッコイイ。(通常使用用としてこんな時計をPebbleで作りますかね?)


パッケージはこんなでした。透明窓の空いた、紙製のボックスタイプのパッケージです。


いろいろなポストカードも一緒に送られてきました。BTTF Cruise.comってのが気になります。


取説の時刻の見方の説明。


娘は「これに似てるー」と言うのですが、、似てますかね?ステンでパキッと折れた面構成という意味ではSYNCHRONARに似てますね。


で、最後はやはりこのツーショットでしょう、ということで、ユニバーサルスタジオジャパンのお土産のデロリアンとのツーショットです。この時計が届いてから頭の中ではずっとBACK TO THE FUTUREのテーマソングが流れっぱなしですw


タイミング的には来年30周年なので、そのアニバーサリーモデルとして販売しても良いのではと思われる位の出来の良さですが、来年はマーティー達が1985年から来る2015年でもありますので、とりあえずこの時計を腕に巻いて2015年を迎えたいと思います。
以上、BACK TO THE FUTUREの腕時計のアップでした。

2012.12.28.追記・・・オリジナルのFLUX CAPACITORにはドクがダイモ(今で言うテプラの様なもの)で貼ったと思われる注意書きが貼ってあるので、それ風なのを作って貼ってみました。
まずは非常に良く出来ているiPhoneアプリのFLUX CAPACITORのスクショから。映画からは何と書かれているか判らないのですが、このアプリを参考に、


イラレで作り(ダイモ風のフリーフォントを使用)、時計のスケールに合わせてプリントアウトし、
両面テープで貼ってみました。うーん。。


まぁ、それ風にはできましたが、、、どうもイマイチです。この寸法になると何て書いてあるか読めませんし。


オリジナルとの比較。Macbook Proで映画を再生し、ツーショット。まぁ、よりそれらしくはなりますが。。そもそもFLUX CAPACITORはもっとグレーな色ですね。


で、ついでに。ドクがトイレで転んで思いついた時に書いた図ですが、よく見るとFlux Compres〜とあります。キャパシターでなくコンプレッサーだったんですかね? (追記・・・ここにはFlux Compressionと書かれていた様ですね。)


という訳で、作りはしたものの、どうもイマイチで、すぐ剥がれちゃいそうですし、そこまでマニアックにならんでも、、ということで(人に見せる時にまた説明が面倒ですし)、結局剥がしてしまいました。(こんな手作りでなく、ちゃんとシール化し、最初から時計に同梱されてたりすると嬉しかった気もしますが。。)
・・・以上、ダイモのテープを作って貼ってみた、けどすぐに剥がしちゃったよ、の追記でした。

2014年12月20日

メディコム・トイ製のスピナーとSYD MEAD WATCH

現在(2014.12.20.)発売されている、ブレードランナーのブルーレイディスクのオマケのチョロQ状態にデフォルメされたメディコム・トイ製のスピナーがすごくかわいかったのでアップします。amazonではこちらで販売されています。(メディコム・トイのサイトはこちら。)


全長7cm程の大きさでデフォルメ具合が非常に上手でカラーリングもかなり施されており素晴らしいです。



反対側面。プルバックで走ります。本来、前輪を出した路上走行状態ならホイールカバーは上に開いているべきですが、飛行状態のプルバックカー化として、これはこれで良いと思います。



背面。スピナーのエンブレムもちゃんとあります。44の数字もかなり長体かかっちゃってます。


裏面もきちんとしてます。


上面。かわいい。


サイドビュー。素晴らしい。


手の上に乗せるとこんな。


以前DVDのオマケで付いていたスピナーと並べるとこんなです。


オリジナルの方がかなりぺしゃっと見えますw 最近発売されたトミカのタイムボカンのメカブトンともツーショットを撮りたいところです。


最初、メディコム製のスピナーが付いたBDが出ると聞いて、またかよー、と思ったものの、発売ギリギリ前になってなんと新作のこんなチョロQ状態のものが付くと知り、驚いた次第です。限定3,000セットの様ですので欲しい方はお早めにどうぞ。

ちなみに地上走行状態のスピナーの前輪はこんな感じです。当ブログの私の紹介に使用している画像より、昔都内某所に路駐してたスピナーです。ホイールカバーががばっと上に上がってます。


更にちなみに、、私はSYD MEADさんとスピナー時計を作る程、スピナーが好きでして、(大人な事情でスピナーとは当時一言も記載しませんでしたが。)2010年、SYDさんのオフィス設立40周年記念ということでデザインし、生産、販売してました。当時アップしたページは既に削除しちゃいましたので、良いタイミングなのでここでざっくり再掲載しておきます。

まず元になったSYDさんのスピナーの絵。このアイコニックなスピナーのライティングをモチーフに、


デザインし、


生産、販売。


2010年ということで1:4:9で作ったパッケージ。エンボスのスピナーのシルエットにライティングとSYDさんのサインだけの印刷というシンプルさ。


ステッカーやポストカードも付けてました。


懐かしいですね。。今ならmoto360等の丸型スマートウォッチで再現出来ますね。コスト上断念した本来やりたかったデザインを再現しますかね??

・・・以上、メディコムのチョロQスピナーとついでのスピナー時計のアップ、でした。

追記・・・さらについでに同じ位のサイズのスピナーの画像をアップします。中央は実際に映画に使われたものをゴム型とったらしきもの、手前のは鉛製のスピナーです。入手したのはもう随分前ですが、、今どき鉛って、かなりやばそうですね。


以上、スピナー画像の追加でした。あと昔ゼネプロで出したチョロQのムーブに被せられるスピナーとかもありましたが、デフォルメ具合は今回のメディコムの方が良いですね。


2014年12月7日

アオイホノオのトンコさん時計を作った

最近Pebbleのwatchfaceを作ってなかったので久しぶりに作りました。少し前テレビでドラマ化され、思いっきりはまってたアオイホノオのトンコさんのwatchfaceです。(既にBD も出てますね。)時刻表示以外の画像を作成し、久しぶりにジェネレーターで作成しました。トンコさんが毎度ホノオ君に顔を近づけメーテルの様な励ましを告げるシーンです。山本美月さんの実写版も考えたのですが、Pebbleの2階調ではやはりつらいので漫画のオリジナルの方にしました。下はInstagramにアップした画像です。


最近また初代Pebbleもはめているので、そちらにもいれてみました。やはりこういったネタは初代の方が似合います。


しかしドラマ化されるまで知らなかったのですが、アオイホノオは当時ヤマトやあだち充等にはまってて、模写ばかりしていた私にはドストライクな漫画でした(現在も連載中ですが)。テレビの実写版もオリジナルの再現以上と言っても過言ではない位、各俳優さんが非常に良い演技をしていたと思います。是非続編を期待したいです。以上、トンコさん時計のアップでした。

2014年11月30日

おうちでCarbon-Freeze Me(ハンソロの炭素冷凍を娘で再現)

数年前、アメリカのディズニーランドでCarbon-Freeze Meという、自分の顔をその場で3Dスキャンしてもらい、自分の顔で炭素冷凍されたハンソロ状態の3Dプリント物を作ってもらえるというサービスがありました。当時、これを作ってもらう為だけにアメリカのディズニーランドに行きたいと思ったものですが、、、(ていうか、今でもやってるんですかね?)


3Dスキャナーを持っている今、これは自分で作るしかないでしょう、ということで、娘をスキャンし作ってみました。ディズニーのサービスでは顔だけのスキャンで体はハンソロ状態ですが、おうち炭素冷凍は全身自分で再現できます。下の画像はほぼ完成した状態です。なかなか良い感じに出来ました。


以下、制作工程です。まずは娘を3Dスキャン。小2的になかなかじっとしておらず、手がブレてしまってます。スカートというのも不向きなので、、、


ズボンを履かせ、ハンソロっぽく寝かせてスキャン。これだと体勢が楽でじっとしてられました。手はスキャン精度的にも後の3Dプリント出力的にもつらそうなので指は開かさせずにスキャン。また背中から腰にクッションを入れ、膝から下が低くなる様にし、ハンソロの様に埋まるようにします。



余分なデータを削除し、ライノに持って行きとりあえず箱の上に寝かせた状態。これでもう大分それらしい感じです。



パキッとした平面から浮き出ているとそれらしくないので、シーツを敷いたマットをスキャンし、その面を切り出し、使用しました。(Meshmixer等で面を歪ませるというのもありあますが、面倒なので。)



マットの面を切り出し、寝かせた娘のデータと重ね、埋まり具合を確認し、


ライノで作った枠部分にはめ込んでみました。いい感じです。


本当は上の状態で完成、と思ったのですが、よりらしくする為に側面のディティールを作り込んでみました。オリジナルの画像を参考にそれらしくイラレで作ってライノに持って行き、レリーフ状にしました。枠の左右幅もより狭くしてオリジナルに近づけました。


で、できた枠に娘とマットのデータを持ってきて、


完成。良いですねー。


3面図だとこんなです。


これであとは3Dプリントをすれば出来上がりです。金属粉末焼結系の3Dプリンターで作ると良さそうですね。
以上、Carbon-Freeze Meを家でやってみた、のアップでした。枠のテンプレートが出来たので、これでいつでも誰でも炭素冷凍できるようになりました。そのうち原寸出力してみたいものですw