2014年11月30日

おうちでCarbon-Freeze Me(ハンソロの炭素冷凍を娘で再現)

数年前、アメリカのディズニーランドでCarbon-Freeze Meという、自分の顔をその場で3Dスキャンしてもらい、自分の顔で炭素冷凍されたハンソロ状態の3Dプリント物を作ってもらえるというサービスがありました。当時、これを作ってもらう為だけにアメリカのディズニーランドに行きたいと思ったものですが、、、(ていうか、今でもやってるんですかね?)


3Dスキャナーを持っている今、これは自分で作るしかないでしょう、ということで、娘をスキャンし作ってみました。ディズニーのサービスでは顔だけのスキャンで体はハンソロ状態ですが、おうち炭素冷凍は全身自分で再現できます。下の画像はほぼ完成した状態です。なかなか良い感じに出来ました。


以下、制作工程です。まずは娘を3Dスキャン。小2的になかなかじっとしておらず、手がブレてしまってます。スカートというのも不向きなので、、、


ズボンを履かせ、ハンソロっぽく寝かせてスキャン。これだと体勢が楽でじっとしてられました。手はスキャン精度的にも後の3Dプリント出力的にもつらそうなので指は開かさせずにスキャン。また背中から腰にクッションを入れ、膝から下が低くなる様にし、ハンソロの様に埋まるようにします。



余分なデータを削除し、ライノに持って行きとりあえず箱の上に寝かせた状態。これでもう大分それらしい感じです。



パキッとした平面から浮き出ているとそれらしくないので、シーツを敷いたマットをスキャンし、その面を切り出し、使用しました。(Meshmixer等で面を歪ませるというのもありあますが、面倒なので。)



マットの面を切り出し、寝かせた娘のデータと重ね、埋まり具合を確認し、


ライノで作った枠部分にはめ込んでみました。いい感じです。


本当は上の状態で完成、と思ったのですが、よりらしくする為に側面のディティールを作り込んでみました。オリジナルの画像を参考にそれらしくイラレで作ってライノに持って行き、レリーフ状にしました。枠の左右幅もより狭くしてオリジナルに近づけました。


で、できた枠に娘とマットのデータを持ってきて、


完成。良いですねー。


3面図だとこんなです。


これであとは3Dプリントをすれば出来上がりです。金属粉末焼結系の3Dプリンターで作ると良さそうですね。
以上、Carbon-Freeze Meを家でやってみた、のアップでした。枠のテンプレートが出来たので、これでいつでも誰でも炭素冷凍できるようになりました。そのうち原寸出力してみたいものですw

2014年11月25日

Maker Faireに行ってきた。

昨日、Maker Faire Tokyo 2014に行ってきました。(昨年の様子はこちら)会場はなんと今年からビッグサイトになり、今年も非常に盛り上がってましたので、その様子の画像をざっくりアップします。
まずは今回購入してきたものから。オリジナルのレゴパーツを3つ使ったものなのですが、


裏にプッシュスイッチがあり、黄色いレゴブロック部は小さい穴が空いており、


レーザーポインターになっています。レゴブロックを改造してレーザーポインターにしたものです。カッコイイ。


中味はこんなです。ハンドメイドで基板やタクトスイッチ、電池接点等が組み込まれています。各ブロックは極薄の金属板(銅箔)を通して通電し合っており、オレンジのレゴはバッテリーボックス、黄色はレーザー基板、白はスイッチ部と独立して各ブロックがバラせるのが素晴らしいです。この通電方法を使用すれば極小のマインドストームとか作れそうですね。価格は1,500円でした。


パッケージはこんな。予備の電池も入ってました。


会場ではこんな感じで売られてました。で、検索してみたら動画がこちらにアップされていました。既に2年も前に作られたものなんですね。


以下、会場での画像、当ブログっぽいものから。まずはMoff。Kickstarter出の日本発のウェアラブルおもちゃ。既にamazonでも買える様になってます。腕の動きに合わせて様々な音がリンクされたiPadから出ます。現物は初めて見ました。良い出来です。


子供たちは大喜びで遊んでました。バキューンとか、カキーンとか。


手作り(基本Maker Faireはみんな手作りですが)ニキシー管腕時計とLED時計。


点灯状態。ニキシー管腕時計ネタは随分前からありますね。


ウェアラブルチリンチリン。これでどこでもチリンチリンできます。一輪車乗りの方に如何でしょう?


昨年、YMOのキコココカコココ音を出すバッジを購入させていただいた方のブースで見せて頂いたYMOテクノバッジ。実は私コレ、初めて現物を見ました。カッコイイー


裏はこんなだったんですねー。昔のフジカセットのロゴがどーんと印刷されています。


裏面は2重構造になっています。こうしないと基板裏のハンダのトゲトゲが出っ張りますからね。


で、このテクノバッジを2まわり程小さくしたものを制作されていました。これもカッコイイ。


きのこの山、たけのこの里自動判別機。中央にきのこの山かたけのこの里を1つ置くと自動で判別しロボットアームが左右の入れ物に仕分けて入れてくれます。選別後は私のたけのこの里トレイに入れてくれる様にしたいです。


インスタントラーメン等の粉スープを開封前に自動でフリフリしてまんべんなく混ぜてくれるマシーン。動き自体はただひたすら袋を上下にブンブン振ってるだけです。


シリアルの粒でお皿に文字を描くマシーン。ヨーグルトを薄く塗ったお皿に指定した文字の絵になる様にシリアルの粒を1粒ずつポトポト落としていきます。


必ず醤油をかけすぎるマシーン。左の醤油差しで醤油をかけるとその傾きを検知して右の醤油差しが自動でドバーっと醤油をかけ足します。


かならずメガネに指紋が付くメガネ置き。メガネを掛けると前後からアームが出てレンズをサンドイッチし、アームに付けられた指っぽいもので指紋が付けられます。


コアラのマーチ箱ごと自動振り機。ものすごい勢いでコアラのマーチを左右に振ってます。


こういったコアラのマーチだんごを作るマシーンです。1箱でこの大きさのだんごが作れるそうです。


レゴでゾートロープマシーン。側面から見るとレゴの人形が動いて見えます。レゴのレーザーポインターを売って頂いた方の作品。(こちらで動画が見れます。)


和菓子自動作成マシーンとか。


ポスカでお絵描きするベルト駆動のプロッター。かなりいい加減な感じでぶらーんとしてますが、結構ちゃんと描けてます。


いいねカウントマシーンとか。


ボタンを押すといいねな手がでます。


テクノ手芸さんでは、


イクラが光ってましたw


ビンの中でくるくるアニメ。蓋の上のボタンを押すと中の円盤がくるくる回り、下に書かれた人が動いて見えます。


写真を取り込み、編むマシーン。編機は基本2本しか糸を使用できないので、画像を2階調化し、そのデータを編機に送るそうです。


オキュラスネタも多かったですね。手に持ったコントローラーで手前のロボをコントロールし、顔の動きにロボ上のカメラが連動して動いています。


R2をひたすら作ってる方々とか。奥の方のコスが。。


なんか、すごいクオリティーなものができそうです。


R2はこんなに開くんでしたっけ?奥にR2の目のパーツがありますが、普通のプロジェクターが組み込まれているようです。(空中結像したレイア姫はまだ出せなさそうですね。)


ここにも登場、スケルトニクス。


AUTODESKの一発3Dデータ取得マシーンは非常にコンパクトになってました。


屋上ではこんなトロンっぽい自転車の展示も。タイヤはヤフオクで購入したそうですw


以上、Maker Faireで私的にぐっときたものの画像のアップでした。作って説明してる出展者の皆さんがほんと楽しそうでいいイベントですね。私もいつかは出展してみたいものです。