2015年2月25日

Pebble Time キタ!

新型Pebble、きましたね。PebbleらしくKickstarterから。画像がリークされててほぼそのままですが、かなりいい感じです。


カラーのE-PAPERディスプレイ、7日間持つバッテリー、より薄型化、ゴリラガラスにPVD蒸着のステンのベゼル、防水(どの程度かは不明。マイクの穴があります)、22mm幅の汎用ベルト使用可能、充電の接点が背面に行ってますが、汗等による腐食対策はまぁ大丈夫なのでしょう。


あとはオリジナルのwatchfaceの扱いがどうか、というとこですね。すでにポチったので5月の出荷が待ち遠しいです。取り急ぎ。

追記・・・Instagramにアップしたカラー化したデジボーグとトロを貼っておきます。(watchfaceは現状の白黒のものがそのまま表示できる様ですね。)



画面解像度は144x168と現状と同じ様ですが、カラー化、やっぱいいですね。メモリー液晶でのカラー化なので64色という制限はありますが、ここで写真を見る訳でもないので十分です。Pebble Timeもcartoon的な挙動とフラットデザインなGUIで上手くまとめていますし。発売が楽しみです。

2015.2.28. 追記・・・昔作ったヱヴァっぽいのにも色を付けてみたので貼っておきます。


グラデ部分はつらそうですが、大分らしくなりますね。Apple Watchと違い、カラー対応したSDK3.0も早速公開され、発売と同時に自作カラーwatchfaceが入れられそうですね。

2015.6.23. 追記:こちらに届いた実機レビューをアップしてますので、宜しければどうぞ。

2015年2月14日

ピタゴラゴール1号だけのピタゴラ装置

ピタゴラスイッチのピタゴラゴール1号が発売されましたが(amazonはこちら)、LEGOを使ってピタゴラゴールだけのピタゴラ装置を娘と作ってみました。まずは動画をどうぞ。


側面のつまみを持ち上げ玉を上に持って行き、装置の上から玉を投入、旗が立ち、「ピタ、ゴラ、スイッチ」の音が鳴り、玉が出てきて最初のポジションまで玉が転がる、というものです。非常にシンプルなはずですが、以外と手間がかかりました。どなたかこれをマインドストームで作って完全自動化し、「無限ピタゴラゴール装置」を作って頂けると完成形になるかと思われます。

で、このピタゴラゴール1号、どうも商品としての出来がイマイチな様で、旗が立っても鳴らない時があり(装置が上手く動いた時の鳴らなかった時の残念さったら!)、と言いますか、上の動画の状態ではほとんど鳴ったことがありません。。最後玉が装置から転がり出る様に装置を少し手前に傾けているのですが、その為に旗が立ち上がる勢いが弱くなり、音を出す為のスイッチへの当たり具合が弱くなるから?か、接点部の初期不良なのか・・・同様に旗をロックするツメも傾けている方の重力で引っ張られるから?か、旗を押し込んでしばーらく待ってないとツメが出て来ず、なかなかロックされません・・・ので、実は上の動画の「ピタ、ゴラ、スイッチ」の音は後から合成しており、旗を押しこんでいるシーンは押しこんでいる時間を短縮する様に編集しています。。普通に水平に置けば問題無いかもしれませんが(現状この状態で固定されてるので試してません)、この位の微妙な傾きで動作に問題が出る様ではツラいです。この商品の企画自体は非常に良いので、ぜひともこのあたりの微妙さは改良して欲しいものです。こどもがどんなにおおざっぱに使用しても大丈夫な様に。もしくは個体差があるんですかねぇ(それはそれで問題ですが)。。以上、ピタゴラゴール1号のアップでした。

2015年2月7日

久しぶりにオリジナルwatchfaceを作った。

久しぶりにオリジナルデザインのwatchfaceを作り、App Storeにアップました。まずは六角形をモチーフとしたHEXAと名付けたwatchfaceです。(上メニューのWATCHFACE STOREのページにも同様のアップをしています)機能は時刻表示のみで、下の画像の状態で21:46です。分かりますかね??


分かりやすく数字部分を赤で塗ってみました。上段で21、下段で46、となります。


フォトショのウインドウのスクショで申し訳ありませんが、この様に通常のデジタルの7セグメントを斜めに並べた2つの六角形に置き換えてフォントをデザインしました。


テクノな感じを狙ったはずが、やってるうちにどうもケミカルな感じになってしまいましたが、、、無料ですので、宜しければ是非使ってみて下さい。ダウンロードはこちらからできます。

ちなみに下は検討段階の画面です。ピンクの部分がフォント画像の領域で最初はこんなでもっと読みにくいデザインをしていました。


もう一つは216個の数字で時刻を表示しているNUMBERSです。領域を4分割し上段で時、下段で分を表示しています。ジェネレーターサイトの進化のおかげもあり、大きいフォントでどかーんと時刻表示するwatchfaceばかり最近増えてきたので、逆を狙って大量の極小フォントで時刻表示をするwatchfaceを考えてみました。



こちらもApp Storeに1回アップしたのですが、ダウンロードするとどうもクラッシュする様なのですぐひっこめました。Pebbleに直にインストールしてる分には問題無かったのですが。。。修正版が出来次第、またアップ予定です。2015.2.8. 追記:修正版、App Storeにアップしました。こちらからダウンロードできます。)

以上、久しぶりに作ったオリジナルなwatchfaceでした。

2015年2月1日

アオイホノオの津田さん時計を作った

以前にPebble用のトンコさん時計を作りましたが、今回は津田さんバージョンを作ってみました。


津田さんならホノオくんの背中をバンバン叩いてるシーンにしたかったところですが、なかなか144x168ドット2階調化に心地よく収まるカットが無く、13巻にあったホノオくんの隣で耳パンを食べる津田さんとしました。例によってかなりドット絵として修正を加えているのですが、まだあちこち未完成な感じです。ハルコさん時計の様にもう1セリフ追加して日にちも表示するようにしようかとも検討中ですが、、、とりあえず津田さん時計を作った、のアップでした。・・・それにしてもアオイホノオ、メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に続き小学館マンガ賞受賞とすごいですね。だんだんつまらなくなってきたメディア芸術祭、今週から始まる展示で唯一楽しみな展示です。きっと原画が展示されることでしょう。ちなみに下はテレビドラマのアオイホノオの撮影現場の裏話等を連載中のアオイホノオとは別に漫画化した、島本和彦さんご本人によるアオイホノオの薄い本(いわゆる同人誌)4冊です。コミケに行かずともこちらで買えますが、ディレクターズカット収録のBlu-ray BOX 同様、必読な薄い本かと思いますw