2015年3月20日

テレビ時計(最後はこれが復刻するか!?)

現在発売されている週刊誌SPA!の「あの大ヒット商品は既に日本で作られていた!」という記事に先日取材を受けた私のTV時計とコメントがちょこっと掲載されてます。(84ページです。)モノクロページで画像も小さいのでその時自分で撮影した画像を貼っておきます。(以下、テキストはほとんど昔の私の紹介記事からの転載です。また画像のセンターにウォーターマークですみません。以前にヤフオクで私の画像を勝手に使用されていろいろあったもので。)

1982年セイコーから世界初のTV付き腕時計として発売、1.2インチ(16.8mm x 25.2mm )、32000画素の反射型白黒(というより、見た感じは白青)液晶のTVモニターを搭載しています。これは東京と大阪のみの地域限定で先行発売された、DXA001というモデル(108,000円)で、翌1983年には廉価版のDXA002 というモデル(98,000円)が追加され、どちらも全国発売となりました。


時計本体だけでは受信することは出来ず、時計本体にこの様なレシーバーをつなげ、アンテナの役割を果たすヘッドホンをレシーバーにつなげることでやっと受信することが可能となります。
普通に腕に付けてテレビを見ようとすると、このチューナーとつながったコードを袖の中をはわせなければならないという、隠れた努力が必要でした。



反射型の液晶なので、明るければ、明るいほど良く見えます。逆に言うと、薄暗い所ではほとんど見ることは出来ません。受信はVHF、UHFのテレビの他にFMも受信することが出来ます。


レシーバー、いい感じの80's臭です。


ヘッドホンも同様に80'sなディティールです。


当時の新聞記事によると、このTV時計の初期ユーザーの購入動機のトップ3は、以下の様です。

・世界初で話題性がある・・・56.2% 
・情報機器として便利・・・27.1%
・職業上必要・・・12.5%(!)

この、いつでもテレビが見られる腕時計を「職業上必要」とした、1割以上の方々の職業って、いったい何だったんだしょう???・・・007はオクトパシーでこのTV時計を使用していたので、それも立派に職業上必要とされた例の1つでしょうか?「同業者が」職業上、「買ってバラすために」必要だったのが、その1割だった様な気もしますが、そんなつまらない理由でなく、本当に仕事の実用上必要とされた、謎の仕事師の方々の腕で、今でもりっぱに現役で活躍していることを期待します。(現在では地デジ化して見れませんが。)

以下、昔の私の紹介記事より画像転載。(ですので画像小さくてすみません)
廉価版のDXA002。さっぱりしたディティールでヘッドホンはインナーイヤータイプに変更されました。


テレビ点灯状態。結構よく見えます。


腕時計としては巨大なパッケージ。がばっと上下に開く、そのまま店頭ディスプレイに使用出来るパッケージです。


ついでに、昔撮った動画。テレビ時計とラテカセのジャッカルがアナログ放送終了と同時にただの大きいラジカセと大きい腕時計になってしまう瞬間の動画です。肝心のテレビ時計の画面がよく見えませんが。。



で、アナログ放送終了のお知らせが画面に出ているレア画像。後にこのテロップさえ見れなくなります。



最後にIGにアップした画像。先日のSPA!取材時のスタバでの光景。なかなかスタバでは見られない光景でした。


そろそろ復刻ネタも尽きてきたセイコーさんは次はこのあたりを「スマートウオッチ」として復刻したら如何でしょう?テレビ部分の画面解像度は現行Pebbleよりありますし、チューナー部は外付けバッテリーとしてバッテリー寿命1年!とすると最強のスマートウオッチになるかと思われますw・・・以上、テレビ時計のご紹介でした。