2015年11月29日

DIGITAL_01をPebbleTime Round対応にしました。

先日やっとPebbleTime Roundが届きました。まずは開封の儀等をアップすべきですが、取り急ぎDIGITAL_01をRound対応にしましたのでそちらを先にアップします。
DIGITAL_01のデザインほぼそのままで円形に収まる様にリデザインしました。腕を振るとバックの色が変わる機能も同様に搭載しています。ダウンロードはこちらからどうぞ。


Time、Time Steelと3兄弟になりました。(アプリは1:1しか対応しないので、使用しないものはBluetoothを機内モードにする等、切り替えがいちいち面倒です。)Roundは上下2色にするとどうやっても「モンスターボール」と言われるのが目に見えてるので、2色バージョンは作らないつもりです。またBluetoothの振動なしバージョンも追ってアップします。


で、実機を手にして分かったことですが、Roundの解像度は180x180なのですが、実機の額縁の穴が少し小さい(液晶のフルの表示領域よりも狭い)ので、180x180のデータをフルに見せることができません。(ピクセル数で言うと全周2〜3ピクセル分位)ので、180x180ギリギリ外周に指標を入れる等のデザインすると微妙に額縁でカットされた見えになってしまいますので注意しましょう。(この問題、デザインする側からすると非常に面倒なのですが、Pebbleが対応するにしても額縁パーツの穴を少し広げたものに生産途中で差し替えるか、もしくは実表示領域を公表する、とかですかね。。)
以上、DIGITAL_01のRound対応のアップでした。

2015年11月23日

DIGITAL_01の秒表示バージョンを追加しました。

ご好評頂いているDIGITAL_01に秒表示を追加したバージョンを作成しました。アナログ部に細い秒針が表示され、右下に秒数が表示されています。これにもBluetooth接続切れ時の振動を排除したバージョンもつくりました。どちらも$1です。

DIGITAL_01 Seconds display version.
BUY $1 / 購入ページへ  

DIGITAL_01 Seconds display_No Bluetooth vibration version.





秒を常に表示しているとバッテリーの消費は大きいのですが(それでもPebbleTime Steelなら7日程は持つのではと思いますが)、「時刻機能フル表示」を作りたかったのとデザイン的に右下にスペースが空いていたで作ってみた次第です。背景の色は今回は黄色とグレーの固定としました。また左上に小さく◀︎LIGHTと表示していたのを◀︎BACKに変更しました。(左のボタンは機能的にはライト点灯よりは戻る機能として使用する方がほとんどかと思いますので。)引き続きよろしくお願いします。(2015.11.23.)

2015年11月21日

GumroadでのPayPalでの支払い方法

Gumroadの私のwatchfaceの販売ページでのPayPalでの購入手順、非常に簡単なので購入〜ダウンロードまでの手順をアップします。

まずはご希望のwatchfaceをタップ。

するとこの様なウィンドウが開くので、金額欄に1(注:ドルです。ドネーションとして1以上の金額でも入力可です。)を入力し、「これが欲しいです!」をタップ。

するとウィンドウがスススっと小さくなるので、「支払う」をタップ。

するとウィンドウがこの様な支払い方法の選択画面になるので、「PayPal」をタップ。

するとこの様な別ウィンドウが開くのでPayPalで登録しているメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」をタップ。
するとLoading...となり、

この様なページになるのでPayPalの「同意して続行」をタップ。

するとこのページに戻ってくるので「支払う」をタップ。

するとウィンドウがこの様になるので「支払う」をタップすると、

処理中・・・となり、

ありがとうございます!となるので、ダウンロードをタップすると、

この様なページが開くと同時にパソコンに.pbwデータのダウンロードがされます。(Macだとこの時点でダウンロードフォルダにダウンロードされています。)このウィンドウの「ダウンロードする」をタップすると再びダウンロードされます。


手順は以上です。あとは.pbwデータを母艦のiPhoneもしくはスマホ経由でPebble Timeに送るだけです。簡単ですので、皆様、是非よろしくお願い致します。(手順はほぼ同じですが、無料版のダウンロード方法、クレジットカードでの購入方法はこちらにアップしています。)

2015年11月20日

DIGITAL_01、単色バージョンや上下2色バージョンをアップしました。

先日アップしたPebble Time用のwatch face、DIGITAL_01は腕を振ると背景の色がランダムに変わるのですが、色変更機能を廃止し1色固定にしたものを5種類、及び それぞれのBluetooth接続切れ時に振動する機能を削除したバージョン、更に上下で2色にし、それが腕を振る度に色が変わる新バージョンをGumroadで販売開始しました。どれも$1でPayPalでの購入も可能です。

DIGITAL_01 1Color Fix Version, No Bluetooth Vibration Version, 2Colors Version.


 2色バージョンも意外と良い感じです。


これだけ一気ににアップするのに費やす時間があったらwatchfaceの設定で色変更できる機能追加のスキルを身に付けられた気もしないでもないですが。。。よろしくお願いします。

2015年11月12日

新watchfaceのDIGITAL_01をアップしました。(更新情報追記しました。)

前回のBALLETがあまりにAppStoreでの反応が薄かったので、、今回は徹底的に「普通」で「見やすい」、デジタル時計なwatchfaceを作ってみました。ダウンロードはこちらからどうぞ。
App Storeでは意外といわゆるデジタル時計風なのが少ないのと、最近、Pebble Time Steelをメインに使用しているのですが、以前に作ったwatchfaceの「CIRCLE」の様な、繊細なイメージのwatchfaceではどうもSteelの黒額縁の太さに負けてしまってる感があったので、より骨太な感じのデジタルのwatchfaceを作りたかったというのもあります。
で、デザインするにあたり、往年の液晶デジタル時計に倣ったレトロな感じにするのではなく、グラフィカルでPebbleの基本UIに沿った様なデザインが出来ないかとデザインした結果が今回のwatchfaceになります。デジタルですが、表示要素として欲しかったのでアナログ表示も追加しました。


機能的には上段で現在時刻、下段で月日、曜日、バッテリー残量表示、アナログでの時刻表示、Bluetooth接続状態表示(接続切れで振動)があります。バッテリー節約の為に秒表示はしていません。またPebble Time Steelだとフル充電で10日近くバッテリーが持つので、10分割したバッテリー残量表示の1目盛りがほぼ1日という感じになるかと思います。アナログ表示部はさすがに針が斜めになるとジャギってしまいますが、まぁ、しょうがないところです。(もう少し細くするとジャギーも目立たないのですが、バランス的にこの位の太さが欲しいので、そちらを優先しました。)
また、このwatchfaceの機能としては無いのですが、上下を分割している黒いラインが機能表示エリアで、どこかしらのモードボタンを押すと白いエリアが右に移動していき、選択された機能が上段に拡大表示される、というのを想定しています。(なので、現状TIMEが選択されている状態なので上段に現在時刻が表示されています。またANALOGUEを選択された場合は下の小さいアナログ表示が消え、この帯がぐっと下に下がってアナログ表示がどーんと表示される想定です。)

また、手首を振るとランダムに背景の色が変わります。色は全部で5色あります。白いアナログ部とあまりコントラストをはっきりさせたくなかったので、全て薄めな色にしてあります。



基本、前回のBALLETのプログラミングの改造なので、製作時間は1/3位でしょうか。以上、新watchfaceをアップしたお知らせでした。Pebbleユーザーの皆様、よろしければお使い下さいませ。

2015.11.15. 追記:現状電池残量が0〜9%の時にバッテリーステイタス表示が左下の方に黒線が出るだけな状態になってますが、修正中ですので少々お待ち下さい。使用に際し現状のままで問題ありません。大抵そこまで電池が無くなる前に充電してしまっていたので気づきませんでした。すみません。
また、その修正後、ランダムな色変更を廃止し、背景1色のものを5つ、及びBluetooth振動廃止したバージョンをGumroadにアップ予定です。

2015.11.16. 追記:上記バッテリー残量表示の不具合を直したVer 1.2をアップしましたので、再ダウンロードお願い致します。(ちなみにバッテリー残量表示の一番左のドットは残量19%以下です。より詳細な残量はPebbleのSettingsで確認できます。)また、充電中はCHARGINGの表示が出る様にしているのですが、バッテリー残量が少ないと表示されない様です。これはPebbleが提供するサンプルや他の方のwatchfaceでも同様の現象が見れるので、Pebble側のバグの様です。

しかしAppStoreにアップして1日で300ダウンロード超えは私的には最速です。皆様、ご利用ありがとうございます。

2015年11月3日

新watchfaceのBALLETをアップしました。

画像の回転によるアナログのwatchfaceを作りたいなと思い、バレリーナの体(足)で時刻を表示しているwatchfaceを作ってみました。(同様の内容WATCHFACE STOREのページにもアップしてます。また、今回もプログラミングにはhikoLabさんに多大なご協力を頂きました。いつもありがとうございます!)

下の画像で5:39を示しています。現在時刻表示以外に月、日、曜日の表示、電池残量表示、Bluetoothステイタス表示、Bluetooth接続切れ時の振動の機能があります。また、腕を振ると5秒間デジタルで時刻表示をし(24時間表示)、背景の色が変わります。(5色のうちからランダムに変更されます。)

ご購入は下のリンクよりお願いします。$1+となっている金額入力欄に1ドル(以上でも可です!)の金額をご入力の上、ご購入下さい。

BALLET Full Version.


腕を振った直後の状態。こんな感じでデジタル表示で時刻が5秒ほど表示されます。


色のバリエーションはこんな感じです。実機上ではもうちょっと彩度は低めになります。


背景色の違いと時刻の違い。暗めの画像ですみません。時間によってかなりつらそうな体勢になります。ちょっとかわいそうですかね?


一応、動画も撮りました。色はランダムに変わる為、動画では赤が2回出てしまってますが。。


チマチマとドット絵を描いている制作途中の図です。相変わらず「アンチエイリアスって何?」な状態です。


PebbleのApp Storeにはこれのお試しバージョンをアップしました。無料ですのでよろしければどうぞ。

BALLET Trial Version.


以上、久々の有料バージョンのアップでした。よろしくお願い致します。

2015.12.21.追記こちらにPebbleTime Round対応させたバージョンアップ版の画像をアップしています。よろしければどうぞ。