2016年2月27日

コラーニデザインの京扇子、キタ!

昨年、友人の乙井さんがクラウドファンディングにエントリーし、見事成立させた(サイトはこちら)、ルイジ・コラーニデザインの京扇子、とうとう完成し、先日届きました。いやー、もう素晴らしい出来栄えです。一個人の熱い思いからクラウドファンディングへのエントリー〜プロジェクト成立〜扇子職人さんとの仕立てへのやりとり〜親骨のインジェクション成型屋探しと難しい成型条件クリア〜パッケージ、リーフレットの製作その他、しかも全てが本業の会社勤めの合間での作業、本当に大変だったと思います。(昨年夏、クラウドファンディング成立おめでとうの会をした時の様子はこちらにアップしています。)

ということで、届いた現物の画像をアップします。まずは閉じた状態とパッケージ。閉じた状態からして既にカッコイイ。これまで見たことのない、左右非対称な黒い扇子。


開くとこんなです。この扇子は「かはほりあふぎ」と古語で名付けられ(「かわほりおうぎ」と読みます。)、そのかはほりあふぎとは「蝙蝠(こうもり)の扇」を意味し、まさしくこうもりが羽根を広げた様でな扇子です。言わずもがな、デザインの最大の特徴である親指部と背面の薬指部のフィンガーレストが心地よく指にフィットし、扇子にこれまでに無いホールド感を与えています。


親指部はこんな形状をしています。コラーニ教授のおおざっぱな(失礼!)スケッチを元に非常に上手にまとめていると思います。


別のアングルから。ポリカーボネート製でこの肉厚インジェクション成型がヒケずに良く出来ています。「このボテ肉部が最悪、裏面に肉抜きの形状が必要そう。。」と、クラウドファンディング成立おめでとうの会で乙井さんにヤボなお話しをさせて頂いたのですが・・・そんな、いわゆる家電量産品の様な成型上止む無しな形状修正などせずに、見事に上下面綺麗な厚肉成型を実現させています。きっとインジェクション成型時の型温度や成型圧、成型時間等、試行錯誤をかなりされたかと思われます。


反対面も良く出来ています。親指部の裏には「made in KYOTO」の刻印があります。


親骨先端部には凸でコラーニロゴが入っています。


同梱されているリーフレット、シリアルナンバーカード、コラーニ教授のスケッチがプリントされたカード。


リーフレットには扇子にまつわる歴史や空力的な話から、和紙部が破れた時の仕立て直し時の連絡先等が記載されています。私のUTの名も記載して頂いてありびっくり。ありがとうございます。


で、リーフレットの空力の部分を読んでいて気が付いたのですが、このフィンガーレストを有するコラーニデザインの扇子はホールド感向上だけでなく、結果的に送風量増加という扇子本来の機能向上にも多少なりとも貢献していることに気づきました。

従来の扇子は親骨から中骨部にかけておおざっぱにがばっと持つホールドだったので、

・階段状の骨部を持つので決して持ちやすいとは言えないホールド感。
・中骨部を持つので、扇ぐ時の中骨のしなる領域を狭くしている=中骨のしなりが少なくなるので「しなりの空力弾性効果」からくる送風量を減少させている。

という様に、持ちにくい上に中骨のしならせるべき領域を持っているので送風量を減衰させてしまう把持だったのですが、今回のコラーニ扇子は上下の親骨部にフィンガーレストを設けているので、

・指先に心地よくなじむ、これまでの扇子にはないホールド感の実現。
・上下の親骨部に指をあてる持ち方なので、自然と中骨部には指があたりにくくなる=中骨のしなる領域が広がる=同じ扇ぎ方でも送風量増加につながる。

となり、ホールド感の向上と共に扇子本来の機能向上を果たしているという、素晴らしいデザインだ、ということに気づきました。(パテントとれませんかね?て言うか、コラーニ教授は最初からそこまで計算してデザインされていた?)

最後に、数年前、私がSYD MEADさんと作った腕時計と今回の乙井さんが実現させたコラーニ扇子の両パッケージを並べてみました。偶然似た様な仕上がりで良いですね。2大巨匠の最新作のプロダクトがどちらも日本発、て言うか、ファンの熱意発、て言うか、私と乙井さん発。


今回の扇子はクラウドファンディング支援者の方の分の制作で終了となってますが、少なくともこの扇子を手にした支援者の100人余りの方々により、リーフレットにあるように「国産扇子の需要喚起と産業の活性化、技術継承」に何かしら貢献出来ればと思います。しかし、本当は出来ればこの「かはほりあふぎ」が今後もずっと長く作り続けられ、より多くの方々に使って頂けると、より良いのですが。。。突破口は乙井さんが作ったので、京都扇子産業の方々、是非!・・・以上、クラウドファンディングにより実現した、コラーニデザインの京扇子のご紹介でした。

2016年2月23日

自分のCT SCANデータをMacで見る方法

先日病院でCTスキャンをとり、そのデータをもらって自分のMacで見てみたので、その過程をアップします。

※以下、CG画像ですが私の胸のあたりのカラーの断面CT画像等を掲載していますので、それ系の画像に弱い方は閲覧されませんよう、お願い致します。

まずはCTスキャンをし、検査結果を聞きに病院へ行き、結果特に問題なかったことを聞き、ほっとしたところで、CTスキャンのデータを下さいとお願いしました。ここで、できれば「CTスキャンのDICOMデータ」とちゃんと言った方が良いと思われます。でないとその場で一緒に見ていたカルテのPDFデータになりかねませんのでw 
(DICOM(ダイコム)とは、Digital Imaging and COmmunication in Medicineの略で、米国放射線学会 (ACR) と北米電子機器工業会 (NEMA) が開発した、CTやMRI、CRなどで撮影した医用画像のフォーマットと、それらの画像を扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義した標準規格のこと、だそうです。wikiより。)

で、CD−Rに焼いたデータをもらうのに5,400円もかかり、家で早速Macで見ようとしたところ、案の定、Macでは開けず・・・止むを得ずWinで開きました。CD-Rにはなんと検査を受けた病院のバナー付きのビューワーソフトも同梱されており、そのアプリを立ち上げてデータ見る、という状態になっていました。(私的にはDICOMデータだけ貰えればよかったのですが、そのいらないビューワーソフトまで入っていたので高かったんですかね?)しかもそのソフトではCTによる白黒水平断面が見れるだけで立体視することは出来ず、結局そのCD−RからDICOMデータのみ書き出し、Macに持って行きました。

で、DICOMデータとは私も良く判らないのですが、こんなファイル構造の様です。ひたすら水平断面の何かしらのデータがいっぱい入っている様です。


で、このデータを見るのに、無料のビューワーソフトのOsiriX Liteをこちらからダウンロードします。(iOS版とかも有料ですがある様ですね。こちら。またダウンロードには名前、職種、国、電話番号、メールアドレス等を記載する必要があり、登録後ダウンロードリンクが記載されたメールが送られてきます。(OsiriXはオザイリクスと読みます。おしりエックスではありません^ ^)

で、このOsiriXでDICOMデータを読み込み見てみたのですが、、、これがまた非常に良く出来たビューワーです。データを読み込むと患者名に私の名前、年齢などが入っており(画像データだけでなくこういった情報も含まれているんですね。)、その他いろいろデータが入っているのですが、一番データ量が多そうなデータを選び、右の方の2D/3Dアイコンをタップして出るメニューから3Dサーフェスレンダリングを選ぶとこの様に3Dデータとして見ることが出来ます。もちろん、マウスドラッグでぐりぐり見る角度を変えられます。下の画像は胸(右下側)、心臓、背骨のあたりを上から見下げた斜視です。


なんと赤青メガネで立体的に見えるモードまであったりとか。回転させた動画書き出しもしてくれます。


3D内視鏡モードを選ぶと内視鏡で体内に入った様に見ることも出来ます。下画像の白黒3面で視点のXYZ位置が確認出来、このポイントのドラッグで位置を変え、右下の画面のドラッグで見てる方向を変えたり出来ます。昔のミクロ決死圏の様です。


3Dボリュームレンダリングモードを選ぶとスキャンデータの点の集合体で立体を形成している様になり、任意の位置での断面を見ることが出来ます。このモードだとカラーなのですが、骨とか臓器とかの識別と塗り分けってどうやってるんだろか?と思ったのですが、下図の色変更の画面を見ると、どうもデータ自体はグレースケールでそれに単にグラデの色を与えるだけの様ですね。


で、データの書き出しもSTL,VRML,Renderman,Inventor,Wavefrontに対応しています。下はSTL書き出しをし、ライノに持って行った状態。


 同、ライノで心臓部だけの表示。心臓ってこんな形でしたっけ??


と、ここまで持ってこれればあとはどうにでもできます。実際データは穴だらけなので3Dプリンター出力は苦労しそうですが。背骨iPhoneケースでも作りますかね?下はInstagramにアップした画像です。被曝して得られる究極のセルフコンテンツですかね。


以上、OsiriXは他にも機能はあるのですが、ざっくり自分のCTスキャンデータ閲覧、データ書き出し、までのご紹介でした。しかし、こんなことをしてられるのも検査結果に問題無かったからできてる訳で、やっぱ健康第一だよなぁ、とも思った次第です。

2016年2月21日

DIGIGRADEのフランス語バージョンを作ったり、バグを見つけたり。。

リクエストを頂いたので、DIGIGRADEのフランス語バージョンを作りました。曜日表示その他全てフランス語表記にし、月と日の位置を入れ替えました。またAM, PM表示はどうもフランス語での表示が判らないので(調べたのですが、いろいろある様なので)削除しました。すみません。

Je fis une version française. S'il vous plaît utiliser.

DIGIGRADE_French Version.



また、先日アップした白黒バジョージョンですが、現状、バッテリー残量が5%程になり、充電ケーブルを繋げると下の様な表示がされますが、ある程度(10%以上)充電されると消え、機能的には特に問題はありません。元にしたプログラミングのウォッチフェイスでは出ないのですが・・・追って修正します。すみません。


以上、フランス語バージョン作成と白黒版のバグのお知らせでした。

2016.4.4. 追記・・・上記バグを修正したVer 1.2、アップしました。

2016年2月15日

STAR WARSのJAKKU SPYがやばい!View Masterも良いよ

現状、日本のApp Storeには無いのですが、STAR WARSのオフィシャルiPhone(Android版もあります。)アプリ「STAR WARS」内のVRコンテンツのJAKKU SPYがやばいです。iPhone等のスマホを入れてヘッドマウントディスプレイ化するビューワーが必要ですが、それで見れるコンテンツがオフィシャルなだけにILMのオリジナル3Dデータを使った360度フルバーチャルなスターウォーズの世界に入り込めます。
こんな、ファルコン号を追いかけるタイファイターが目の前をビュンビュン通過するとか、


「うぉぉぉー」っと言ってるうちに一瞬で通過してしまいますが、この臨場感ったら!映画の1シーンに別視点で自分が入り込んだ様です。


惑星ジャクーにぽつんと立ってる状態になり、BB-8が来たりとか。


普通に足元をBB-8が通過していき「おっとー」とか自然になります。


ファルコン号の中に入ったりとか。


カイロ・レンのシャトルが頭上をズモモモモーッと通過していくとか。このクオリティー、解像度でリアルタイムにぐりぐり360度見渡せてしまうという、もうスターウォーズファンは必見(て言うか必没入)のコンテンツだと思われます。日本のApp Storeでダウンロード出来ないのが本当悔やまれます。(もちろん、これらスクショ以外のシーンもあります。て言うか、なるべく控えめなスクショにしておきました。YouTubeには既に全てのコンテンツがアンオフィシャルにアップされてますが、それらは全て「他人の見てる画角の録画」なので、やはり是非HMDで自分でぐりぐりする視聴をお勧めします。)


アプリのホーム画面はこんなです。VRコンテンツのJAKKU SPYの他にもARなネタとか、炭素冷凍ハンソロの顔に自分の顔入れたりとか、いろいろ楽しめるコンテンツがあります。


JAKKU SPYをタップした後はこんな感じでコンテンツのサムネイルが並んでいます。海外では映画公開の前から1コンテンツずつ順次公開されていた様ですので、海外から見れば今更なネタでしょうが、現状は9つのコンテンツ全て最初から見れます。1コンテンツ30秒位と非常に短いのですが、それでもこの自立型スターツアーズとでも言いますか、現状世の中で供給されてる全てのHMD向けコンテンツの中で最高なものなのではと思われます。映像再生時に画面タップでスクショを撮れるのですが、こういったコンテンツでわざわざスクショを撮れるモードを準備してくれているってのも珍しいですね。


映像は GoogleのCardboardに準拠した複眼による立体視のできるサイドバイサイドモード(下の画像)と立体視はできませんが画面いっぱいに映像を出すフルスクリーンモード(上のスクショ)と選べる様になってます。HMDにセットせずにコンテンツだけをとりあえず見たい場合はフルスクリーンモードで良いでしょう。


で、私が使用したHMDはMATTELのView Masterです。最近 US Apple Storeでも取り扱いを開始したモデルです。(日本ではまだ正式に発売されていませんが、オリジナル価格が$29.95なのに対し、現状(2016.2.15)、日本のamazonではこちら の様に非常に高価になってます。)MATTELとはバービー人形やHotWheelsなどを出しているアメリカのおもちゃメーカーで、かつて同社が出していたオリジナルの3D写真ビューワー、View Masterを現代版に復刻させたものです。おもちゃメーカーが本気でこういったものを作ると強いですね。手に取ると各部の出来の良さからかなりの本気さを感じさせます。


がばっと開けるとこんなです。装着部のメカ構造も良く出来ています。ほぼどんなスマホも対応できるかと思われます。


昔のView Master同様のレバーを下げるUIも踏襲しており、そのレバーを下げるとQRコード部の上に静電対応の突起が出て画面をタップする様になってます。


で、没入感にはヘッドホンが必須です。久々にBlitish Airwaysのコンコルド機内用のゼンハイザーヘッドホンが出動しました。が、残念ながらヘッドホンを刺したままiPhoneを装着出来ないので、昔買った「ヘッドホンをBluetooth化するリモコン」を使用して視聴。


View MasterオリジナルのNational Geographicと組んだコンテンツも充実しています。1,800円と強気の価格です。ジャングルの中の動物を探し、浮かんでるサムネイルに視点を持っていくとナショジオの動画再生したりとか。


昔のView Masterの写真ディスクの形をしたプラスチック製のマーカー上にARで動物を出したりとか。


宇宙コンテンツだと、こんな風に惑星をぐりぐり見れたりとか。(これも1,800円)


往年のロケット等をぐりぐり見れたりとか。星座を見れたりとか、かつてのステレオ写真のView Masterコンテンツを見れたりとか。


どれも良く出来ているのですが、STAR WARSのコンテンツ見た後だと、「フルCGのHMDコンテンツって、まぁこんなもんだったよね。」という一世代前感になってしまいます。

・・・と、これを書いていていたらなんとMATTELからこれの新型が今年の秋発売されることが発表されました。こちらです。ヘッドホン対応など順当に進化してて良いですね。ただARモードの時はiPhoneのカメラを使用するのに透明前カバーは赤いんですかね??中のモールドが赤いだけなら分かりますが。。(現状モデルも多少スモークかかってます。)


以上、久しぶりに感動したので時計関連以外のアップでした。・・・何にせよ、一番気になるのはView Masterをオンラインショップで扱い出したAppleの今後のこの手の対応ですね。KinectのPrime SenseやTangoのFlyby mediaの買収、パテント情報等からもきっとこの手の何かしらを出してくるんでしょうが・・・私的にはDepth情報に基づくマーカーレスでのAR云々でなく、ビューワーにトランスフォームするケース同梱でDisneyのオリジナルVRコンテンツ(もちろん、STAR WARSやPIXAR、MARVEL系も含む)付きiPhone 7を期待します。

2016年2月11日

DIGIGRADEの初代Pebble用白黒バージョン作りました。

先日作ったPebble用のwatchface「DIGIGRADE」の初代Pebble及びPebble Steel対応の白黒バージョンを作りました。白黒液晶Pebbleユーザーの方、よろしければご購入頂ければと思います。全ての機能はカラー版と同じで、デジタルとレトログラードなアナログ針(針の上下移動による時刻表示方式)で時刻を表示するウォッチフェイスです。
上部中央に縦に配列したデジタル表示と、画面の左右で時、分を分けて現在時刻を表示しています。画像で8:29です。その他の機能として、曜日、月、日、電池残量、Bluetoothステイタス表示があります。
下右の斜めの線で電池残量を表示しています。10%減るごとに斜めの線が1つずつ暗くなり、画像で70%です。またBluetooth接続切れ(iPhoneの場合Pebble Timeアプリ未起動時も)でBTマークにバツがつきます。(カラー版の時と同様、PebbleのApp Storeには時刻表示のみ機能するお試し版をアップしています。初代Pebble、Pebble Steelはこちら、Pebble Time、Time Steelはこちら

※最近、下記リンクからご購入の際、PayPalでの購入ボタンが出ない時があります。原因は不明ですが、、、もしもその場合は申し訳ありませんがクレジットカードでのご購入をお願い致します。

DIGIGRADE_BW



Pebble Timeにも対応しています。実は色なしの方がカラー版よりもコントラストがはっきりして見やすいです。Round対応はしていません。すみません。

久しぶりに起動した初代Pebble。こんな感じで表示されます。やっぱ初代、良いですね。このままで液晶カラー化を望みます。


これもまた久々に起動したPebble Steel、相変わらず自作のベルトアタッチメント付き。


ツーショット。パキパキしたデザインのwatchfaceなのでSteelの方が似合いますかね?


さらにPebble Timeも入れての3ショット。Timeの本体も白黒なので、白黒文字板でも結構似合います。


で、この白黒化watchface、Pebcessingが初代Pebbleに対応していないので意外と苦労しました。PebcessingなしでのSDK3.0でのプログラミングは私のスキル的につらいので、昔作ったSDK2.0のwatchfaceデータの改造で作りました。透過pngが使えないのでいろいろ検討した結果、レトログラードの針の表示方法を変更し、針は円弧運動ではなく、針の上下移動で時刻表示をする様に変更しました。またRound対応も試みたのですが、どうにも対応させることが出来ず、、諦めました。すみません。
ということで、Round以外のPebbleユーザーの皆様、よろしくお願い致します。