2017年3月18日

箱を積み上げていく様なApple Watch用 Custom Watchface

フォントを起こせる様になったので、今回はこの様なwatchfaceを作ってみました。時刻に合わせて数字を記載した箱が積み上がっていく様なウォッチフェイスです。これで09時20分58秒です。


動画はこちらです。09時14分47秒〜53秒と09時17分56秒〜09時18分02秒あたりです。


Instagramにアップした真正面からの動画。08:57:58〜08:58:15

U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -

イラレでの作業風景です。312x390の領域内でどの位の位置、大きさで表示するかの検討。イラレでパース感のある変形って初めてやりました。


で、フォント化し(左から0〜9。中村至男さんっぽいですかね?)、


完成。これは04時58分59秒。全体の表示位置はもう少し下がいいですね。


で、そもそもこのwatchfaceのデザインは最初はこんな全然違うものでした。「へ」の字を積み重ねていく様なウオッチフェイスです。


これをフォント化し、


作ってみたのですが、上のブルー1色で同ピッチのままではあまりに時刻が分かりづらいので(まぁそういうデザインなのですが)、もうちょっと実用的になる様に、時、分、秒間で少し間隔を広げ、色を変えてみたのがこちら。7時25分49秒です。しかし、多少は分かりやすくはなったものの、そもそもデザイン的にどうもイマイチ。。。で、遠目に見るとビルの夜景っぽくも見えてきて、だったらビルっぽくして、ついでに分かりやすく数字も表示したらどうよ、ということで出来たのが最初のものになります。


最後に腕に巻いた状態。02時25分41秒。今回のウォッチフェイスはアニメのキャラ等を使用しない、Apple Watchでは初のフォントも含めたオリジナルな私デザインのウオッチフェイスになるかと思います。(時刻の経過で何かしら積算していく様な表示手段は世の中には多々ありますが。)


ゼロから始めてちょっとずつやってきたApple Watchでのウォッチフェイス作りですが、2ヶ月程でここまで出来る様になりました。以上、Apple Watchでの新watchfaceのご紹介でした。

2017.03.25. 追記・・・その後、色を付けたバージョンとか、HR. MIN. SEC. の表示を付けたバージョンを作ったりとかしてました。が、どちらもイマイチ。


また、数字の箱を上に乗せていくのではなく、下から上に持ち上げて行く様な表示にしたら常に最下段横1列を読めば現在時刻が分かりやすいと思ったのですが、数字が順次上に上がっていくということはそれぞれの位置のパースに合わせた数字を作らねばならないので非常に面倒なのでやめました。下右はそれ用に途中まで作った上が0で最下部が9のバージョン。線も若干太くしてます。


と、いろいろやって下が現状最終バージョンです。デフォルトでは全体的に最初のものより下めにレイアウトし、スワイプで上下位置が調整できる様になってます。


以上、その後の箱積み上げwatchfaceでした。

2017.04,08. 追記・・・結局上の追記で面倒だからやらなかったことをやりました。数字が順次上に上がっていくバージョンです。下はイラレでのフォント作成風景。


で、完成形。08時19分29秒。パッと見は同じですね。


下端が常に0で数字を順次上に積み上げていく前のバージョンでは下図左の様に箱の上端の数字を読まないと時刻が分からなかったのが、今回のバージョンでは最下部横1列を読めば時刻が分かる様になりました。うーん、分かりやすいー



・・・しかし、分かりやすくなったものの、そもそも文字がかなり小さいので、読みにくいのには変わりないので、さらに改良を加えました。通常は下の様にこれまでと同じなのですが、


画面を上にスワイプすると大きい文字で現在時刻、ついでに、年、月、日、曜日が現れる様にしました。これは分かり易すぎるー、というか上の箱群が時刻表示手段でなく、ただの時刻で動くアニメに成り下がってしまいましたw が、まぁ、これはこれでよろしいかと。


動画も撮りましたのでどうぞ。(今見るとApple Watchに付いたホコリが気になります。。)


これでこのwatchfaceも一段落かと思われます。以上、箱積み上げwatchfaceのその後でした。