2017年5月20日

Apple Watch版デジボーグ、ほぼ完成

その後も色々修正を加えていき、Apple Watch版のデジボーグ、ほぼ完成したのでアップします。

まずは、フォント。オリジナルに忠実なセブンセグメントのフォントを新規に起こしました。i'm WATCHの時(こちら)にイラレデータは起こしていたので、それを元にGlyphs Miniでフォント化。i'm WATCHやPebbleの時はイラレデータを元にpng画像化して数字の「画像」を表示していたのですが、今回はフォントとして表示しています。ので、実機上でレイアウトした後に微妙に大きさの変更できるようになりました。これは今後も楽になりそうです。フォントとしては当たり前な事ですが。


比較です。下の画像左が今回新規に起こしたDIGIBORGフォント。右がこれまで使用していたフリーのフォント。並べるとやはりオリジナルは良いですね。オリジナルは各バーの仕切り具合等、良く練られた形状をしており、少しイタリックがかかってます。


で、その他の文字も見直し、よりオリジナルに忠実に。基本、デジボーグのG757-5000(黒い蹄鉄型のベゼルのあるジェームズボンドモデル)の再現をしているのですが、TIMEなどのモード表示の文字はオリジナルはあまりにキツキツに入っていたので、これはバランスを見て少し小さめに。で、これら文字色はオリジナルはダークイエロー色なのですが、LCDの背景の色を色々変えたいので、どんな背景色でもいける様に明るめのグレーに変更しました。で、ほぼ完璧な状態が出来上がった後、Apple Watch上でのバランスを見て時刻表示部の領域の上下方向を広げたり、秒のグラフィック表示部を少し上に上げたりしました。(DIGIBORGそのままだとアスペクト比が正方形に近いので、Apple Watch上ではかなり上下に黒い領域が出来てしまうので、若干上下方向に広げました。また秒のグラフィック表示部もオリジナルのままだと若干下に下がって見えるので、ここも最低限の補正を加えました。)


秒表示のグラフィックアニメーションも作成しました。下、完成少し前のものですが(小さい文字のグレー色が暗くしすぎ)、ほぼこの様に動いてます。Pebbleではプログラミングで線を描画していましたが、今回はより綺麗に表示する為に1〜59秒それぞれのpng画像を作りそれを順次表示しています。(相変わらずInstagramの動画ででかくて、また手持ちのブレブレの動画ですみません)

U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -

で、完成したApple Watch版デジボーグ。オリジナルのG757-5000(奥)、G757-4010(手前)と。ウレタンの黒!シリコンの白!ステンの銀!て感じですね。デジボーグ、やはり今でも十分いけてます。・・・ほんとセイコーさんには私や変なコラボなどでなく良いものはずっとオフィシャルに作り続けてほしいものです。グランドなど機械式だけでなく、デジタルの名機も沢山あるのですから!寿命のある液晶時計こそオフィシャルにずっと作り続けるべきかとも思いますし。


で、グリーンバージョンもあります。と言いますか、背景色はプログラミングでの指定なので、どんな色にも出来ます。セラミックApple Watchにはどんな有彩色でも似合って良いですね。


上の動画のものの様に、時刻表示の後ろをDATEでなく秒表示にし、その上に日本語で年、月、日、曜日を表示バージョンもあります。実使用上はこちらの方が良いかも。


ついでに以前に作ったwatchface(こちら)をちょこっと改造してデジボーグウォッチフェイスに直に飛べるボタンを備えたwatchfaceも作りました。watchfaceからwatchfaceにリンクしてるのも今後何か作れそうです。


以上、ほぼ完成したApple Watch版デジボーグのご紹介でした。

2017.06.03. 追記・・・Instagramにアップした画像を追加しておきます。

ベルトを黒に替え、白黒版のデジボーグを表示してみた、の図です。文字盤を白黒にするとセラミックの白ケースと合間って、良いですね。


拡大。黒枠のドロップシャドウはもうちょっとあっても良かったかも。


で、ふと並べてみると、何気にApple Watchはやっぱでかいことに気づきましたw


以上、Instagramにアップした画像の追加でした。