2017年6月17日

7A28-702A入手!

先日、1980年代の世界初のクォーツクロノグラフである、セイコーの7A28系の702Aを入手しました。たまにヤフオク等には出ていたのですが、大抵(国産アンティークにしては)すごい価格が付いていたので見送っていたのですが、今回は非常に良心的な即決価格でしたので、そのまま即決価格で落札させて頂きました。こちらです。


反対側面から。なんとまともでカッコイイのでしょう。


3つのクロノの目の外周のテーパー面が効いてます。


3年程前に「世界一端正でまともなものであろうと思われるものを作ってみた」とアップした(こちら)、7A38-706Aと7A38-7270の合体クロノ(画像奥)とツーショット。7A38とは今回の7A28の後に発売された、デイデイト表示が追加されたクォーツクロノモジュールです。左の7A38合体物もカッコイイのですが、「合体など改造を加えていない純正のままのクオーツクロノ」ではこの7A28-702Aが私的には世界一端正でまともなモデルだと思います。


で、左の7A38の合体モデルで唯一惜しかったのが、「クロノの目の立体感の無さ」でした。ここがこの7A28-702Aの様なテーパー面のある物だったらほぼ完璧です。逆に7A28の方はセイコーのロゴが印刷でインデックスでないこと、長針短針のデザインがストレートでないとこが惜しまれます。・・・と言うことは、結局この2つを合体させた物が世界最強なのか?と思われますw(いずれにしても筆記体のChronograph表記は無い方が良いのですが。。)


以上、久しぶりに入手した国産クオーツクロノのご紹介でした。

2017.06.18. 追記・・・この7A28-702Aの白モデル、7A28-7020は「007 美しき獲物たち / A View to a Kill」でロジャームーアが最後に演じたジェームズボンドが使用していた、いわゆるボンドウォッチでした。(画像はこちら。)白モデルも良いですね。