2017年7月14日

スペースシャトルの耐熱タイルを使用した腕時計 その後

絶賛販売中のNASA SPIN OFF商品のSPACE MOVE(文字盤にスペースシャトルの耐熱タイルを使用したクロノグラフ。詳細は当ブログのこちら。)、ご購入頂いた方々の画像をいくつかアップします。
その前に会社での販売時の画像です。私の周りで興味のありそうな方にメールを投げたらなんと10人もの方にお買い上げ頂きました。ショップから直にご購入した頂いた方へ郵送でも良かったのですが、送料もかかりますし、お店も手間なので私がまとめて購入してきて、会社で皆さんに配った時の画像です。この日は1日怪しい時計商人となってましたね。


で、まずは自身のブログでもご紹介頂いたyasumori君(ブログはこちら)。白文字盤に濃いめのブルーと白のストライプのナイロンベルトを合わせており、爽やかな感じです。(yasumori君のブログより画像拝借)


facebookでも紹介して頂いたN君のNASA WATCH。シンプルなウレタンバンドを合わせています。この時計のうんちくをカモフラージュするかの様な「普通感」が良いですね。時計本体はかなりのボリューム感なので、この位厚い、もしくはベルト自体は薄いけど2重構造になるNASTOベルトの様な、ある程度ボリューム感の出るベルトが似合います。


M君の時計。(奥は私のもの)黒xグレーの2ストライプ。ナイロンベルトの目は粗めでざっくりした感じです。白x黒xグレーのモノトーンが良いですね。


Instagramつながりのmaa_feb1さん(Instagramはこちら)の時計。上のM君のものよりもグレーが濃いベルトです。実は私もこれと同じベルトを買おうと思ってました^ ^ 白文字盤はクロノグラフにしては見た目がカジュアルな雰囲気なので、色々バンドをアレンジしたくなります。


さらにmaa_feb1さんはこんな組み合わせも。レアな時計達と一緒になんとパイソン革(ヘビ革ですね)を合わせてます。これはスゴイです。


という訳で、私も普通の黒ナイロンではつまらないので、とりあえず手持ちで別のバンドを探してみたのですが、こんなのが出てきました。グレーの革ベルトのセンターに白黒のストライプが入ったベルトです。昔、Girard-PerregauxのLEDウォッチのマクロロンケース用に買った気がします。色的にはかなりクラシカルでいい感じなのですが、ベルト幅が18mmと細く、ベルト自体も薄く貧弱な感じになったので、ヤメました。やはりナイロンベルトで探して見ます。


以上、お買い上げ頂いた皆さんのベルトのアレンジ具合のご紹介でした。(ご購入頂いた方でこんなベルトを合わせたよ等御座いましたら、お知らせ頂けると嬉しいです。当ページに順次追記紹介させて頂ければと思います。)