2017年8月28日

HAMILTON-RICOHのビリビリした時計

1962年にアメリカのハミルトン社と日本のリコーと三井物産の3社で設立された会社がハミルトン・リコーです。(会社自体は数年で消滅)そのハミルトン・リコーの電磁テンプ式(音叉、クオーツ式が出る以前の、数年という短命で終わった電磁石でテンプを動かす、機械式だけど電池を使う方式)の時計が今回ご紹介する時計です。
秒針のイナズマ型に加え、5分おきのインデックスバーもイナズマ型でビリビリしていてエレキな感じがすごく良いです。6時位置のElectricの文字もエレキな感じです。ハミルトン・リコーの電磁テンプ時計は大抵秒針がイナズマ型をしているのですが、インデックスバーまでイナズマ型をしているのは比較的珍しいモデルだと思います。
まだクオーツ時計が発明される前の、あくまで精度は機械式でありながら、その動力にゼンマイでなく電気を使う時計としてのエレクトリックな表現を文字盤全面で表現していて、文字通りすごくシビレます。


丸々とした裏蓋です。ここにもElectricの刻印があります。初期の製品には三井物産の刻印もあるものもある様です。ベルトは取り急ぎ昔Pebbleにつけていた18mmのシリコンベルトを付けていますが、なんとベルト幅は19mmでした。追って似合う革ベルトを付けたいと思いますが、19mmのベルト幅の時計は私は初めてです。


ムーブメントです。機械式ながら左上に電池があります。大きめの電磁式テンプがブンブン動いてます。HAMILTON 505の刻印があり、世界初の電磁テンプ時計のハミルトンのベンチュラのCal.500の進化版のムーブがこの505になります。裏スケにしたいですねー。


以上、1960年代のエレキな腕時計のご紹介でした。腕時計に限らず、当時の最先端を体現しようとしているプロダクトは何かと惹かれるものが多いですね。

2017年8月27日

ミッキーのメカデジとそれ風なwatchface

ミッキーのメカデジを入手しました。これまでずーっと探してきて、なかなか程度の良い物が出てこなかったのですが、今回は箱、ギャランティー付きのほぼ新品状態のものを入手することができましたのでアップします。

1970年代のBRADLEY社の時計で機械は手巻き式です。カラバリはこのシルバー以外にゴールドケースのものがあり、ケースデザインはプラスチック製の丸型のものもありました。(ちなみに1996年にアルバから復刻版のミッキー手巻きメカデジが出てます。デザイン的にイマイチ惹かれないモデルでしたが。。)


反対側面から。これまでアナログ時計で自ら時刻を指差してきたミッキーがデジタル時計化されて役目を終え、「あとはお任せしましたので、どうぞ数字をご覧ください。」と言わんばかりに横に控え目に横に立ってます。


ケースは茶色いプラスチック製です。


開けた状態。蓋の裏のミッキーがかわいいですが、この時計専用のケースという訳ではなさそうです。


時計部拡大。いやー、ほんと程度が良いです^ ^


背面もピカピカです。


Comic Character TIMEPIECESという洋書によると1976年製の様です。



ということで、やはりこういったwatchfaceを作りたくなります。ミッキーメカデジ風Apple Watch用watchfaceです。


並べた状態。分表示はオリジナルは5分おきの表示ですが(回転する小さい円盤に全ての分の数字を印刷することは物理的に不可能なので)、watchface版は毎分ちゃんと数字で表示出来るのがメリットでしょうか。オリジナルに忠実な円盤の画像を作成し、それを回転させて時刻表示をする、よりオリジナルに近いwatchfaceの作成も可能ですが、円盤の画像を作るのが一手間ですし、現状の方が時刻も分かりやすいので、このままな状態です。またApple Watch版ミッキーメカデジのミッキーは「首振り」にしています。(動いている様子は下方のInstagramの動画でご覧頂けます。)


文字盤タップで下の方にこの様に日時、秒(赤文字)も表示する様にしてます。


が、どうせなら、ということで、2連のメカデジにして、上に時、分、秒、下に日時を表示するものも作りました。秒を数字で表示するメカデジは世界初かも(メカではありませんがw)


以下、Instagramにアップした画像より。どちらも2枚目が動画ですのでミッキーの首振り具合がお分かり頂けると思います。アンティークミッキー時計でこの様に首をチコチコ振るアナログ時計がありますので(当ブログではこちらでご紹介してます。)、それ風に動く様にしました。

U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -



U Tさん(@utdesign)がシェアした投稿 -

以上、ミッキーメカデジな時計のご紹介でした。

2017年8月20日

かなりカッコイイMICKEY時計

東京ディズニーリゾートオフィシャルなミッキー時計です。ミッキー時計はどうも可愛らしいものばかりなんですが、これは黒を基調としたと男子向けなデザインをしています。ケース径は42mm程で(ベルト幅は22m)結構大振りです。


正面から。クロノ機能はありませんがタキメーターがあり男の子向けっぽさをアピール。発売は数年前なんですが、最近入手しました。


裏蓋はスクリューバックでTOKYO Disney RESORTの刻印。シリアルナンバー等は得にありません。


裏蓋を開けてみると案の定な感じです。小さいクォーツムーブメントが中央にちょこんとあり、リューズはちょっとぐらついてます。


斜視。黄色いリングの差し色が効いたカッコイイデザインかと思います。


以上、かなりまともなミッキー時計のご紹介でした。ミッキーの耳付きApple Watchケースを買ったり等、最近ミッキーづいてますが、昨日また違ったミッキー時計を入手しましたので、届き次第またアップします。

2017年8月15日

Instagramにアップした画像

Instagramにアップした画像をまたまとめてアップします。

lipのLED時計。ボタンに丸い玉が付いてないのが購入当時ダメだと思ってたんですが、クロノも電磁テンプのもみんな玉が白化してきちゃって、今となっては無くても良いですね。


ブローバとユンハンスのツノの生えたクロノ。


ユンハンスのまるまるとしたクロノグラフ 。横長の楕円形です。




Bulovaのツノは最初この青いベゼルが無いものを入手したのですが、これでも当時はかっこよさにしびれてました。ていうか、やっぱ青いベゼルない方がかっこいい気が。。


SEIKOの70年代のクロノ。時針分針秒針はオリジナルから普通っぽいものに変更しています。Instagramに同じ様な画像を多々アップしてますが、この時計は初アップです。


SICURAのLED 。ベルトがボッロボロなので写らない様にしたらこんなドアップに。昔、御徒町の高架下の時計屋で買いました。


シチズンの時計達。手前から電磁テンプ、音叉、クオーツ電子帰零装置付き。


シチズン の70年代の時計。12時位置に小さいLEDがあって、1分に1回と8時位置のボタンを押して「電子帰零装置」作動させた時に点滅します。


セイコー の時計達。左からKING QUARTZ 、GRAND QUARTZ のTWIN QUARTZ、QUARTZ SUPERIOR 。…ただのおっさん時計ですね。 


SEIKO QUARTZ SUPERIOR拡大。1分ごとの指標も植字で1時間ごとの黒いインデックスバーはブラックオニキス製。


シチズンの白いクロノグラフとSPACE MOVE。


セイコー のスピードタイマー系でないクロノグラフ 。右は30分計と12時間計が重なったいわゆる同軸クロノ。


たまにはシチズンのクロノグラフ を。


一番70年代っぽい5SPORTS Speed Timer。


旅行先のTicTacでまだlip のクロノが売ってた、と言うか、全くもって解説になってない解説に驚いた( ̄∇ ̄)


SONYのMD WALKMAN の腕リモ。MDの再生、曲送り、音量調整等はもちろん、ストップウオッチ、アラーム、ELのバックライトがあったりと結構多機能。


ハハッ みんな一緒に喋るととてもうるさいよ!


CD, LP レコード、ポスター。家のポスター入れ替えようとしたら出てきたので昔撮ったような記念撮影をまたしてみました。


アニエスベーのデジタルウォッチ。


最近のフチ子さんはなんでもありですね。



チンアナゴふりかけを買いました。


自発光有機ELで下地黒のwatchfaceの場合、この位暗くしないとちゃんとした色が写らないですね。


以上、Instagramにアップした画像でした。

2017年8月14日

最近作ったApple Watchのwatchfaceの動画

最近作ったApple Watchのwatchfaceの動画をYouTubeにアップしましたので、こちらにも張っておきます。


Instagramに作ったwatchfaceの静止画をアップすると、(特に日本語の読めない海外の方から)静止画のwatchface風な画像をApple Watchで表示しているだけの機能しないニセwatchfaceだろ、という声が時々ありますので、たまにはこういう動画を撮影してアップしておこうとInstagramにアップした動画です。
以上、YouTubeに動画をアップしたことのお知らせまで、でした。

2017年8月13日

偽物Apple Watchと本物を偽物っぽくするWatchface

先日、こんな物を買いました。側面のデジタルクラウン風プッシュスイッチを押すとLEDによる時刻表示をする、ニセApple Watchです。888円でした。側面下側のスイッチは時刻修正に使用します。


ケースはプラスチックで全面シルバーのクロームメッキがされ、当然背面の脈拍センサー等はありません。4隅のビス風なところも一体の成型です。ムーブメントは前面から投げ込みですかね?


いっちょまえにベルトはちゃんと側面から挿入する様になってます。圧入のみでロック機構等当然ありません。


で、オリジナルのApple Watchとのツーショット。せっかくなので、オリジナルの方には偽物Apple WatchのLED表示風watchfaceを作ってインストールし並べてみました。色がオレンジっぽく偽物のLED 程の赤さが足りてませんが、赤が発光してる風な画像が意外と難しいです。


偽物のLED表示風のフォント作成風景。発光している風なフル表示状態の7セグの画像を作り、その上レイヤーに大きさを合わせた黒ベタでヌキのフォントを作って重ね、文字が発光している風にしています。


最初はこの様に赤ベタのフォントだったのですが、イマイチだったので、ちょっと手間をかけて発光している風に修正しました。


最後にアップルマーク風Apple Watchも入れてのスリーショット。どちらもモジュールは同じかと思われます。


以上、偽物アップルウォッチを買ったことのアップでした。安いし、軽いし、時刻は見やすいし、何しろ毎日充電しなくても良く(おそらく1年位は電池は持つでしょう。)、意外とオススメです^ ^

2017.0.8.14. 追記・・・試しにガムテを前面カバーに貼って引っ張ってみたらあっけなく外れましたw


前カバーは両面テープだけでの適当な固定でした。中にはビスが2箇所ありましたので、これを回すか、もしくは中身のモジュールがこのままポロリと取れたかもしれませんが、試しませんでした。電池が切れたらやってみようかと思います。以上、前カバーが外れたことのアップでした。腕に巻いている時にポロリと落ちないことを切に願いますw

2017.08.17. 追記・・・せっかく作ったフォントなので、日にちと秒を表示するバージョンも作りました。02:30、17日、08秒です。


もっと「赤いLEDが奥で発光してる風」にフォトショ的な修正を試みたのですが、、、やっぱダメでした。以上、偽Apple Watch風watchfaceのバージョンアップ、でした。