HP-01

SYNCHRONARとその格好良さでは、1、2を争うデジタル腕時計、HEWLETT PACKARDのHP-01です。少なくとも計算機付き腕時計としては間違いなく世界一カッコイイと思いますので、この時計もブログとは別に1ページを設けて紹介します。(画像の最初の2枚はiPhone4で撮影、それ以外はEOS Kiss X4での撮影なんですが、こう見るとやはりブログにアップする程度の画像ならiPhoneで十分ですね。)



で、この時計は1977年にヒューレットパッカードから発売された、HP-01という、7桁の四則計算を行うことが出来る、計算機付きLEDデジタル時計です。計算機能はもちろん、1/100秒計測可能なストップウォッチ、曜日指定可能なアラーム、タイマー、計算結果など任意な数字のメモリー機能、カレンダー、指定した日にち間の日数表示、曜日検索機能等、トータル36種類もの機能を搭載した腕時計です。
前面には28個もの小さいスイッチが並んでおり、一番下の列の右から一つおきにあるT、M、A、Dの基本的な機能(時刻、メモリー内容、アラーム、日にちの確認)のスイッチは爪で押せる様に少し突出しています。また、一番上の列の左右のSとRのストップウォッチのスイッチは突出はしていませんが、爪で押せる様にスイッチまわりの面とりが大きくなっています。
そんな非常に多機能な時計ですが、基本的な時間の設定などは非常にシンプルです。例えば、6時30分に合わせる時は6:30△Tと押すだけです。タイマーの場合は、例えば、2分のタイマーセット時は:2△Sと押し、Sを押してスタート、表示は1/100秒でカウントダウンを始め、2分たつとアラームが鳴り(「ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ」と、腰がくだけるくらいかわいい音です。)、同時にカウンドアップ(ストップウオッチ)がスタートします。




以下、久々にバッテリー交換をしましたので、その時の様子をアップします。まずはバッテリーの切れたHP-01をセーム皮の上に置いて交換準備状態。



裏返してスクリューバックの裏蓋を開けます。HP-01には専用のスペアのバッテリーケースが付属していて、その背面がこの蓋を開けるオープナーの役目もしているのですが、残念ながら私は保有していませんので、普通の時計用の工具で開けます。


で、バッテリー交換。バッテリーはSR44Wを3つ使用します。透明の丸いシートをずらし、金色の接点部をスライドさせるだけでドライバー等使用することなくバッテリー交換をすることが出来ます。(電池交換は必ずプラスチックのピンセットを使いましょう。)


バッテリー交換が無事終了し、裏蓋を閉め、LEDの点灯を確認。久々のバッテリー交換だと、ちゃんと復活するか、いつもちょっとドキドキです。


交換完了。で、次は時刻や日付けのセッティングです。


セッティングの手順はすっかり忘れているので、この102ページある取り説を見ながら。奥の黄色いカードでもざっくりな手順は記載されています。


バックル部に格納されたスタイラスを取り出します。HP-01には別途専用のスタイラスペンも付属していますが、時計本体にもこのような先端がプラスチック製のスタイラスが格納されています。


で、スタイラスを使い、時刻と日にち合わせ。


ちなみにHP-01はこの様にバックル部がワンタッチで切り離せる様になっており、腕時計を即机に平置きしてスタイラスで計算できる様になっています。このあたりは計算機メーカーならではの配慮ですね。


セッティングが無事終了し、腕に巻いた状態。デカカッコイイ。


iPhoneとの大きさの比較。やっぱデカイですね。重さは136gでした。


ついでにパッケージもご紹介。まずは化粧箱。薄金色に輝く豪華な箱です。


箱から出したケース。表面はかなりボロボロになってきました。


パカッと開けた状態。時計、取り説、スタイラスが収納されています。


収納された状態のHP-01拡大。


これが専用のスタイラスペンです。先端は先端部分を回転させるとボールペンの先が出て、後端は回転させるとプラスチックのスタイラスの先端が出てきます。(画像が出た状態)


その他、同梱されている紙類。日本語でも表記されています。


私は金張りのものも所有していますが、メッキ部分がかなりやられてきてしまいました。


以上、HP-01のご紹介でした。やっぱ、70年代の時計はカッコイイですね。このHP-01やSYNCHRONAR 2100、その他70年代のデジタル時計については当ブログ右側のサイドバーにあります、SICURA-MENメンバーHAL氏著の「MONDO WATCH Vol.1」「MONDO WATCH Vol.2」に豊富なサンプル数と写真で詳細に紹介されていますので、おすすめです。