Seiko Digitals

セイコー初代デジタル時計 / SEIKO LCD Digital Watch First Model

ここでは1973年に発売された日本初の液晶デジタル腕時計のセイコークオーツLC V.F.A. 06LC、05LC等について、ざっとご紹介します。ここまで揃った程度の良いサンプルの画像はおそらく世界中探してもここしか無いと思われます。 以前に旧サイトにアップした同じ画像(低解像度、UTDESIGNのウォーターマーク無し)が海外のサイトに勝手に貼られまくってますが、オリジナルはこちらの画像になります。(ので、今回見にくくてすみませんがデカめなウォーターマークを入れさせて頂きました。雑誌記事、文献等の資料としてウォーターマーク無し高解像度画像、もしくは現物貸し出し等ご希望な方はメールにてお知らせ下さい。SEIKO EPSONさんのこちらのサイトで是非この画像を使って頂きたいのですが。。。)


SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC

SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC
Cal.0614A 諏訪精工舎(現セイコーエプソン)製。
1973年10月5日発売。当時135,000円

国産初の液晶デジタル時計で、しかも『秒まで常に表示する液晶デジタル時計としては世界初』の6桁液晶表示のデジタル時計です。3ピース構造の外装はチタン製です。(チタン外装のデジタル時計としても世界初かもしれません。ベルトはステンです。革ベルト仕様もありました。)当時のプレス発表資料を見てみると、発売当初は東京地区のデパート、専門店のみで販売された様です。大卒初任給が74,000円だった頃に135,000円ですから、相当高価な時計だったことと思われます。

前面のスイッチには心地よいクリック感があり、中央に色入れがされています。右の赤く色入れされたスイッチは通常はライト点灯用で、時刻修正は右側面のスイッチを引き出した後、前面スイッチで合わせるという、デジタルでも「側面のリューズ(この場合はスイッチですが)を引き出して時刻修正をする」というこれまでのアナログ時計の作法に倣った操作になっています。

スクエアでシンプルな造形ながらも優しい、オリジナリティーのあるデザインです。当時の製品紹介の資料には「ユニークなフルフローラインを生かした角型ケース」とあります。フルフローライン…当時のこの時計のデザインコンセプトワードですかね?確かに四角いながらもフルにフローな(流れる様な?)ラインで構成された、非常に魅力的な造形です。



SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC ステンケース

SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC ステンケース
Cal.0614A 諏訪精工舎製。1973年発売。当時135,000円

上のモデルのケース素材をステンレスにしデザイン変更をしたモデルです。機能的には全く同じで、より直線的なデザインになっています。外装のステン化、スイッチの色入れ廃止等、コストダウンが図られている様ですが価格は同じ135,000円でした。



SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC ステンケース

SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 05LC
 Cal.0514 第二精工舎(現セイコーインスツル)製
1973年12月発売。当時125,000円

06LCと同時に発表された第二精工舎製の05LCです。同時に発表されたものの、発売が06LCの2ヶ月後の12月だったからか、一般的に国産初の液晶デジタルというと06LCの方が取り上げられます。
「スペーシーなデザイン」と言うとベタですが、このステンのムク削り出しのくるんくるんのデザインがすばらしいです。 メッシュベルトは背面の円弧状の取り付け部にむりやり取り付けているので、ベルトの表面は狙ったかの様に自然と柔らかなカーブを描くようになっています。
前面のプッシュスイッチはライト点灯用と時刻修正用のスイッチで、曲面に合わせてそれぞれがそっぽを向いています。裏蓋はスクリューバックで06LCの様にムーブメントをまるごと取り出す事もなく、比較的容易に電池交換できる様になっています。


セイコーデジタル時計 セカンドモデル / SEIKO LCD Digital Watch Second Model

SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC ステンケース

SEIKO QUARTZ LC 06LCA 
Cal.0624A 諏訪精工舎製。1974年12月19日発売 当時65,000円

06LCが発売された1年後、約半額の65,000円で発売された後継モデルの06LCAです。06LCのデザインをベースに、よりベルトと一体感を持たせたシンプルなデザインとなっています。外装はオールステンで、時刻修正もセレクトアンドセット方式に変更されました。また、背面にはコインで開けられるバッテリー蓋があり、容易に電池交換が出来る様になりました。このモデルは比較的多く生産された様で、前は古い時計屋をまわると結構入手出来ました。


SEIKO QUARTZ LC V.F.A. 06LC ステンケース

SEIKO QUARTZ LC 05LCA 
Cal.0524 第二精工舎製 1974年12月19日発売 当時65,000円

ケースの作り込み具合では05LCよりも手が込んでいるかと思われる、05LCの後継モデルの05LCAです。これも価格が半分まで下がったとはいえ、そのクオリティーは05LCにまったく引けを取りません。このモデルもくるんくるんな楕円形をしており、ステンの本体からベルトにかけての一体感が素晴らしいです。
液晶表示は05LCの秒表示がコロンの点滅だけだっただけなのに対し、この05LCAは10秒積算のバーが点滅表示する様になりました。前面のボタン類はこれも時刻修正とライト点灯用なのですが、中央のライトのボタンは他のボタンよりすこし高めに突出していて押しやすくなっています。
このモデルのただ一つの難点をを挙げるとすると、裏蓋がスクリューバックじゃないことでしょうか。けっこう固めのパッコンとはめるタイプで、本体が丸いだけに押さえにくく、非常にはめにくいです。


最後に集合写真。左のスクエアでグレー色の液晶のモデルは007「私を愛したスパイ」に登場したモデルで国産時計として初めて007に採用された記念すべきモデルです。劇中ではケース上面に開けられたスリットから007への指令がテプラの様にプリントアウトされてました。

以上、国産初の液晶デジタル時計とその後継モデルのご紹介でした。
セカンドモデルである06LCA、05LCAが発売された1974年にはシチズンがクリストロン、カシオがカシオトロンと、デジタル腕時計の発売を開始し、その後、他国では類を見ない日本独自の腕時計の進化、すなわち国産デジタル多機能化(ストップウォッチ、アラーム、タイマー、計算機、心拍計、辞書、ラジオ、データメモリー、テレビ内蔵…)への爆進から一気に衰退化(これがツライ)への道のりを06LC発売以来の約10年間の間に突っ走っていったのでした。



2012.12.31.追記・・・06LCの分解画像等を以下に追加します。

ほぼデッドクトック状態の06LC。チタンの鏡面仕上げ面がキレイです。


下の画像のベルトもオリジナルなはずですが、ワニ革ベルトです。当時のカタログ等を見てみると革ベルト仕様もあったことは確かなのですが、大抵オストリッチ(ダチョウ)革のものが付いており、ワニ革仕様の画像は見たことがありません。・・・ので、このベルトが本当にオリジナルかどうかはいま一つ定かではありません。


ステンケースモデルとのツーショット。前面の3つのスイッチ、センターのスイッチは左にオフセットしているのですが、良く見てみると左右のスイッチも本体に対してセンター振り分けにあるわけではなく、3つ 揃って左にちょっとオフセットしています。


以下、電池交換時にバラした画像です。まず、上ケースを外した状態です。ベルトをはずし、手前のムーブメントの下の方に見える2つの板バネ状のツメを押しながら上ケースからはずします。


乗っているだけのフロントカバーを外した状態。


パッキンをムニムニっと取ると、そのパッキンにちょこっと付いているミミ(下の画像の パッキンの下方の凸部)で隠された穴が登場し、そこを細い棒で押し込みつつ、側面のスイッチをそっと引くと側面の時刻修正用のスイッチ抜けます。このアナログ時計のリューズを抜く作法を取り入れているあたりが「時計」らしくて良いですね。


側面のスイッチが抜けると中の基板が取り出せます。バッテリー交換時はここまでバラす必要があります。


基板の拡大です。電子部品1つ1つ丁寧にハンダ付けされた基板を積み重ねた、歯車の1つも無いムーブ、カッコよいです。他の家電製品と違い、腕時計のムーブはケースにしっかり密封された状態で保持されますので、 とても40年以上も前のものとは思えないキレイさを保っています。・・・なんと言いますか、数年に一回、電池交換で開けるたびに当時の空気が蘇る様な、タイムカプセルを開ける様なドキドキさです。


基板を出した後のチタンケースの内面はこんなです。


バラした状態を並べた図です。


電池交換はこの後、接点の金属パーツをはずして電池を交換し、逆の手順で組み上げていきます。


最後に、このページトップの斜視の画像を撮影した時の撮影待ち状態の画像です。全て稼働するほぼデッドストック状態で現存するモデルの集合という、めったにない状態ですね。


以上、バラシの画像等の追加でした。